東京都の花

足立区の桜の名所10選-駅徒歩10分以内・50本以上の場所とは

足立区東綾瀬公園の桜

この記事では、東京都足立区内で桜の名所と言われる10か所をご紹介します。

足立区には桜の名所と言われる場所がたくさんありますが、東京都内は交通量も多く、駐車場を探すのも大変です。

そこで、足立区の桜の名所の中でも、鉄道の最寄り駅から概ね徒歩10分以内で行ける場所。桜の木が50本以上植えられている場所をご紹介することにしました。

桜は見たいけれど、車の運転はしたくない、あまり歩きたくないという方は、参考になさってください。

なお、場所によって見られる時間などが定められていたり、入場料が必要だったりすることもあります。

行かれるときは、事前に確認の上、お訪ねになってください。

ところで、足立区では日暮里・舎人ライナー沿線に桜の名所と言われる場所が多くあるようです。

そこで、日暮里・舎人ライナー沿線を前半、それ以外の場所を後半にご紹介します。

足立区の桜の名所 日暮里・舎人ライナー沿線

見沼代親水公園

所在地東京都足立区舎人4-5~古千谷本町4-8
アクセス日暮里・舎人ライナー「見沼代親水公園駅」より徒歩1分
元々は農業用の水路だった場所を、水に親しめる公園として整備したのが見沼代親水公園(みぬまだいしんすいこうえん)です。

そのため、公園は細長く全長は約1,700mもあります。桜が植えられているのは水路沿い、全体で60~70本の桜を見ることができます。

舎人緑道公園

所在地東京都足立区入谷9-10、入谷3-11、舎人6-13
アクセス日暮里・舎人ライナー「見沼代親水公園駅」より徒歩8分
前述の見沼代親水公園は、見沼代親水公園駅を挟んで東西に延びる公園です。

見沼代親水公園の西のはずれに毛長川があり、この土手沿いにあるのが舎人緑道公園です。

土手の長さは約1.2㎞で、約340本の桜が並木道を作っています。

見沼代親水公園駅から行かれる場合は、見沼代親水公園と舎人緑道公園を合わせて訪ねるのもおすすめです。

都立舎人公園

所在地東京都足立区舎人公園、西伊興町ほか
アクセス日暮里・舎人ライナー「舎人公園駅」より徒歩1分
都立舎人公園は、約65ヘクタールと広大な敷地を有してます。

公園内を、南北に尾久橋通り、東西に舎人公園通りがあるため、公園が4つの区画に分かれていることが特徴的です。

都立舎人公園で植えられている桜は約1,000本。ソメイヨシノが中心であるものの、早咲きの河津桜・寒桜・寒緋桜、遅咲きの八重桜もあります。

都立舎人公園内で一番のおすすめは、舎人公園駅の北東の位置にある区画です。

ここではお花見広場を中心にたくさんの桜があり、例年であれば見ごろの時期に「舎人公園千本桜まつり」が開催されています。

なお、舎人公園駅の北西の位置にある区画には、レーガン元米国大統領夫人から贈られた「レーガン桜」があります。

諏訪木西公園

所在地東京都足立区西新井4-35-1
アクセス日暮里・舎人ライナー「谷在家駅」より徒歩10分
諏訪木西公園は足立区立の公園で、面積は約14,000㎡です。園内には、大広場・ミニアスレチック・じゃぶじゃぶ池などがあります。

桜は、約50本植えられてます。

江北北部緑道公園

所在地東京都足立区谷在家2丁目・皿沼3丁目
アクセス日暮里・舎人ライナー「谷在家駅」より徒歩10分
江北北部緑道公園は足立区立で、南北約1キロメートルの細長い公園です。

公園に植えられている桜は、約10種類・約200本。特徴的なのは、そのうち約100本が十月桜という品種であることです。

十月桜は名前の通り、概ね10月に咲く桜ですが、翌年4月頃にも再び花を咲かせます。

10月に咲く花の数は少ないので満開の景色とはなりませんが、気温が低いため長い期間楽しむことができます。

スポンサーリンク

足立区の桜の名所 その他の沿線

北千住柳原の桜並木

所在地東京都足立区北千住柳原
アクセス各線「北千住駅」東口より徒歩5分
京成線「京成関屋駅」より徒歩5分
北千住駅東口側の大踏切付近から東へ約800m、荒川土手までの道路の両側に100本~150本のソメイヨシノが植えられています。

賑わいのある北千住駅の近くにあり、見事な桜並木の景色が見られることから、見ごろの時期には多くの人が訪れます。

都立東綾瀬公園

所在地東京都足立区東綾瀬1・2・3丁目、 綾瀬3・5・6丁目、谷中1丁目
アクセス東京メトロ千代田線「綾瀬駅」(C19)より徒歩1分
東綾瀬公園は東京都立の公園で、敷地面積は約59,000㎡です。

東綾瀬公園は区画整理でできた広場をつなぎ合わせた公園で、形状がU字形、細長くなっているのが特徴です。

公園全体では約500本のソメイヨシノが植えられています。

葛西用水親水水路

所在地東京都足立区六木3丁目~中川4丁目
アクセス(中川4丁目)JR「亀有駅」北口より徒歩5分
葛西用水親水水路は江戸時代に開発された水路で、埼玉県との県境から葛飾区との区堺まで、約3㎞の長さがあります。

水路沿いに植えられている桜は約290本。水路の途中には、40以上の様々な形の橋が架けられていて、桜の花とのコントラストが美しい景色を作り出しています。

しょうぶ沼公園

所在地東京都足立区谷中2-4-1
所在地東京メトロ千代田線「北綾瀬駅」より徒歩1分
しょうぶ沼公園は足立区立の公園で、名前の通りハナショウブの季節には8000株以上の花が咲き誇ります。

園内にある桜は約200本。駅からすぐの場所にあり、コンパクトにまとまっているしょうぶ沼公園は、おすすめの桜の名所です。

一ツ家第一公園

所在地東京都足立区一ツ家4-16-1
アクセスつくばエクスプレス「六町駅」より徒歩10分
一ツ家第一公園は、多目的広場・築山エリア・遊具コーナー・ウォーキングコースなどがある約25,000㎡の公園です。

一ツ家第一公園には、約160本の桜が植栽されています。

まとめ

この記事では、東京都足立区内で桜の名所と言われる場所で、最寄駅から概ね徒歩10分以内で行ける10か所をご紹介しました。

行かれる際は、開花の状況・桜を見られる時間・ライトアップの有無などを確認の上、お訪ねになってください。

RELATED POST