東京都の花の名所

小石川後楽園の梅まつり2020!梅香る庭園へ出かけてみませんか

小石川後楽園の紅梅

この記事では、東京都文京区にある小石川後楽園の2020年梅まつりについてご紹介していきます。

まずは2020年に開催される、小石川後楽園の梅まつりの期間と開園時間をご案内します。

ぜひ、梅香る庭園へお出かけになってみてください。

2020年小石川後楽園梅まつりの開催期間

期間2020年2月7日(金)~2020年3月1日(日)
時間午前9時~午後5時(最終入園は午後4時30分)
小石川後楽園の休園日は、年末・年始(12月29日~翌年1月1日)です。小石川後楽園の梅まつり開催期間に休園日はありません。

それでは次に小石川後楽園の料金、アクセスをお伝えしていきます。

小石川後楽園の料金とアクセス

入園料

一般300円
65歳以上150円
※ 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料。

※ 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料。

アクセス

所在地東京都文京区後楽一丁目
アクセス都営地下鉄大江戸線「飯田橋」駅より徒歩3分
JR総武線「飯田橋」駅より徒歩8分
JR総武線「水道橋」駅より徒歩8分
東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋」駅より徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅より徒歩8分
※ 駐車場はありません。

小石川後楽園の梅の見ごろの時期

小石川後楽園の梅林
2020年の小石川後楽園梅まつりの開催期間はご案内したとおりですが、梅は早咲き・中咲き・遅咲きがあります。

また、梅は開花期が長いのが特徴です。

小石川後楽園の梅の木は約90本。本数はそれほど多くはないものの35種類を超える梅の木が植栽されていて、早咲き・中咲き・遅咲きが揃っています。

小石川後楽園梅まつりの開催期間は1か月弱もありますが、早咲きの梅は梅まつりの前から、遅咲きの梅は梅まつりの後でも咲いていることがあります。

そこで、小石川後楽園の梅の見ごろの時期を簡単にご案内していきます。

その年の気候により開花期がずれることもありますが、ご参考になれば幸いです。

なお、小石川後楽園の梅には名札が吊るされています。梅の種類を確認しながら散策するのもおすすめです。

1月下旬が見ごろの梅

早咲きの梅、約10種類が咲き始めます。主なものをご紹介します。

 
光圀白の一重で小輪の花を咲かせます
冬至白の一重で早咲きの代表的品種です
大盃紅の一重で大輪の花を咲かせます
八重寒紅紅の八重で中輪の花を咲かせます
鹿児島紅濃い紅の八重の花を咲かせます
この時期は早咲きの梅の咲き始めの頃ですが、小石川後楽園では合わせてロウバイや水仙の花を楽しむことができます。

2月上旬が見ごろの梅

早咲きの梅が見ごろを迎えます。また中咲きの梅も咲き始め、約15種類の梅の花を楽しむことができます。

光圀・冬至・大盃・八重寒紅・鹿児島紅に加え、次の梅も楽しめます。

 
道知辺紅の一重で大輪の花を咲かせます
織姫白の一重で小輪の花を咲かせます
八重旭薄い紅の八重の花を咲かせます
この時期は、ロウバイや水仙の花は見ごろが過ぎますが、福寿草の花が咲き始めます。

2月中旬が見ごろの梅

早咲きの梅が見ごろから散り始め。中咲きの梅は見ごろを迎えます。

約15種類の梅の花を楽しむことができますが、梅林全体の開花状況は3~4割程度。

最盛期の一歩手前と言ったところでしょうか。

冬至・大盃・鹿児島紅・織姫・八重旭に加え、次の梅も楽しめます。

 
藤牡丹枝垂れ淡紅色・八重咲き・大輪の枝垂れ梅です
白滝枝垂れ白・八重咲き・中輪の枝垂れ梅です
月宮殿白の八重で大輪の花を咲かせます
青軸白の一重で中輪の花を咲かせます
この時期は、金魚椿や福寿草の花が楽しめます。

2月下旬が見ごろの梅

中咲きの梅が見ごろ。遅咲きの梅は咲き始めです。約15種類の梅の花を楽しむことができます。

白滝枝垂れはご紹介しましたが、それ以外では次の梅を楽しむことができます。

 
白加賀白の一重で中輪の花を咲かせます
豊後白の一重で中輪の花を咲かせます
月宮殿白の八重で大輪の花を咲かせます
開運淡紅色の八重で中輪の花を咲かせます
紅千鳥淡紅色の一重で中輪の花を咲かせます
呉服枝垂れ淡紅色・八重咲き・小輪の枝垂れ梅です
梅は最盛期を迎えます。

この時期は、金魚椿や福寿草に加えてサンシュユの花が楽しめます。また、沈丁花の香りも漂う季節になります。

3月上旬が見ごろの梅

2月下旬に引き続き梅の一番の見ごろの時期ですが、少しずつ散り始めの気配になってきます。

遅咲きの梅を中心に約10種類の梅の花を楽しむことができます。

白加賀、豊後、紅千鳥、開運はご紹介しましたが、それ以外では次の梅を楽しむことができます。

 
日月白の一重で中輪の花を咲かせます
見驚淡紅色の一重で大輪の花を咲かせます
武蔵野淡紅色の八重で大輪の花を咲かせます
八重豊後淡紅色の八重で中輪の花を咲かせます
この時期は、福寿草、サンシュユ、マンサクなど黄色い花が目立ちます。また、カンヒザクラが咲き始めの頃を迎えます。

3月中旬が見ごろの梅

小石川後楽園の梅まつりも終了し、遅咲きの豊後や八重豊後が楽しめる程度です。もっとも、この頃になると春の花がたくさん咲く季節になります。

たとえば、サンシュユ・カンヒザクラなど。また、カタクリ・キブシ・アセビ・シャガなども楽しめます。

そして、小石川後楽園は松の雪吊りが知られていますが、雪吊りも外される時期になります。

まとめ

小石川後楽園の雪吊り
この記事では、東京都文京区にある小石川後楽園の2020年の梅まつりについてご案内してきました。

小石川後楽園の梅まつりは例年1か月程度の期間があります。

その中でも見ごろの時期と言われるのは、例年でいえば2月中旬から3月上旬にかけてです。

梅の花の咲く季節を中心に記事を書き進めてきましたが、梅まつりの期間はたくさんのイベントも催されています。

ぜひ、訪ねてみてはいかがでしょうか。

また梅の開花期は長いのが特徴です。

梅まつりに行くことができなくても、梅の花そのものは3月中旬頃まで楽しむことができそうですし、たくさんの春の花を楽しむことができます。

早春から春にかけての小石川後楽園は特におすすめのスポットです。

なお、小石川後楽園は紅葉も見ごたえがあります。早春の梅とともに、秋の紅葉の時期も訪ねてみてはいかがでしょうか。