東京都の花

東京都のロウバイの名所7選【50本以上ある場所をご紹介】

ロウバイの黄色い花

この記事では、東京都のロウバイの名所7か所の場所や本数、そして特徴などを簡単にご紹介します。

今回、東京都のロウバイの名所としてご紹介するのは、概ね50本以上のロウバイが植えられている場所です。

花が少ない冬の時期に、柔らかな黄色い花を咲かせてくれるのがロウバイ(蝋梅)です。ロウバイが咲く時期は、例年であれば1月から2月にかけて。

植えられている場所や、その年の天候などで見ごろの時期はずれることもありますが、冬に咲く花だけに、見ごろの期間が長いのもロウバイの特徴です。

ロウバイが咲く時期は、まだまだ寒い日が続きますが、風がない穏やかな日に眺めに行かれてはいかがでしょうか。

※ ロウバイと梅の咲く時期は概ね同じですし、ロウバイの名前には梅の文字が入っています。咲く時期も名前も似ていますが、ロウバイはロウバイ科、梅はバラ科と全く異なる植物です。

東京都のロウバイの名所1 梅里中央公園

所在地東京都杉並区梅里2-34-20
アクセス東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ケ谷駅」より徒歩8分
ロウバイの本数約50本
梅里中央公園は杉並区が設置した公園で、面積は約6,300㎡です。

梅里中央公園は、池や広場や集会所がある普通の公園ですが、杉並区の「花の名所づくり」事業の一環として、約50本のソシンロウバイが植えられています。

今回ご紹介する東京都のロウバイの名所の中で、梅里中央公園は唯一東京都23区内にあります。


スポンサーリンク

東京都のロウバイの名所2 国営昭和記念公園

所在地東京都立川市・昭島市
アクセス(砂川口)西武拝島線「武蔵砂川駅」より徒歩20分
ロウバイの本数約100本
約165haの敷地を有する国営昭和記念公園には、100本を超えるロウバイがあります。

特に多くの本数が植えられているのは、砂川口近くのこもれびの池周辺で、こここにはロウバイだけでなく梅も植えられています。

ロウバイと梅では見ごろの時期に若干の違いがありますが、訪ねる時期によってはロウバイと早咲きの梅を合わせて楽しめるかもしれません。

東京都のロウバイの名所3 府中市郷土の森博物館

所在地東京都府中市南町6-32
アクセスJR武蔵野線・南武線「府中本町駅」より徒歩20分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」より徒歩20分
西武多摩川線「是政駅」より徒歩20分
ロウバイの本数約130本
府中市郷土の森博物館は府中市が設置したもので、約14haの敷地の中に博物館や移築復元された建物、そして様々な花が楽しめる憩いの場として知られています。

府中市郷土の森博物館でロウバイが見られるのは、約180mのロウバイの小径で、ロウバイ・ソシンロウバイ・マンゲツロウバイの3種、約130本のロウバイを眺めることができます。

ロウバイの小径は、府中市郷土の森博物館入口からはもっとも遠くにあるので、ロウバイを眺めるためには園内を少し歩くことになります。

ただ、ロウバイの小径の手前には梅園があり、ここには約1100本の梅があります。

ロウバイの咲く時期と、梅の咲く時期は少し異なりますが、運が良ければロウバイと梅の両方を楽しめるかもしれません。

東京都のロウバイの名所4 京王百草園

所在地東京都日野市百草560
アクセスアクセス 京王線「百草園駅」より徒歩10分
ロウバイの本数約60本
京王百草園は、京王グループが所有する江戸時代の面影を残す庭園で、1年を通じて様々な花を楽しむことができます。

京王百草園のロウバイは約60本で、京王百草園正門近くにあります。また、同じ時期には梅や水仙、そして雪つりも眺めることができそうです。

東京都のロウバイの名所5 忠生公園自然観察センター

所在地東京都町田市忠生1-3-1
アクセス小田急小田原線・横浜線町田駅「町田バスセンター」よりバス
ロウバイの本数約80本
忠生公園は町田市が設置した公園で、約82,000㎡の敷地の中には、ソフトボール場の他、広場・池・自然館などがあります。

忠生公園でロウバイが見られるのは、公園駐車場近くの忠生公園自然観察センター内の蝋梅園で、80本を超えるロウバイが育てられています。

東京都のロウバイの名所6 都立小宮公園

所在地東京都八王子市暁町2
アクセス京王八王子駅・JR八王子駅北口よりバス
ロウバイの本数約100本
都立小宮公園の面積は約21万㎡、公園ができる前は「ひよどり山」と呼ばれ、現在も雑木林など武蔵野の風情が残っています。

都立小宮公園でロウバイが見られるのは、雑木林ホール公園管理所近くのつつじの小道沿いで、ロウバイとソシンロウバイ合わせて約100本を眺めることができます。

東京都のロウバイの名所7 吉野梅郷梅の公園

所在地東京都青梅市梅郷4-527
アクセスJR「日向和田駅」より徒歩15分
ロウバイの本数約500本
梅で有名な吉野梅郷の中でも、観梅の中心となっていたのが梅の公園ですが、ウィルスに感染したためすべて伐採。

平成28年以降、再植栽が行われ梅の本数も増え、花も楽しめるようになっていますが、大きく育つにはもう少し時間が必要になりそうです。

元々、梅の公園にはロウバイがありました。

梅とロウバイは種類が異なるので、梅が伐採されてもロウバイは残り、約500本のロウバイを引き続き眺めることができます。

まとめ

ロウバイと小鳥
この記事では、東京都内でロウバイが概ね50本以上植えられている場所を、東京のロウバイの名所として、全部で7か所ご紹介してきました。

なお、ロウバイは見ごろの期間が長いとはいえ、天候などでずれが生じます。また、今回ご紹介した中には、有料の場所や入場できる時間が決められている名所もあります。

ロウバイを見に行かれるときは確認のうえ、お出かけになってください。

RELATED POST