東京都の花

桜の散歩道の場所や本数とは!見どころなどもお伝えします

桜の散歩道の桜と運河

この記事では、東京都中央区にある「桜の散歩道」の場所や、植えられている桜の本数。

そして、桜の散歩道の見どころなどをお伝えします。

桜の散歩道には、桜を眺めるだけでない別の楽しみもあるようです。

桜の散歩道がある場所

所在地東京都中央区晴海1-8~晴海1-6
アクセス都営地下鉄大江戸線「勝どき駅」 A2a・b出口より徒歩4分
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島駅」10番出口より徒歩9分
桜の散歩道は、朝潮運河沿いにある道路の愛称です。

ただ、最寄りの駅の案内図を見ても、桜の散歩道という名前を見つけられない可能性があります。

そんな時は、晴海トリトンスクエアを目指せば迷う心配はなさそうです。

桜の散歩道は、晴海トリトンスクエアや中央区立晴海中学校と、朝潮運河の間にあります。

※ 晴海トリトンスクエアは、オフィスゾーン・商業ゾーン・住宅ゾーンなどからなる複合施設です。

スポンサーリンク

桜の散歩道にある桜の本数や特徴

桜の散歩道の案内板
桜の散歩道の長さは約500mで、桜はソメイヨシノやサトザクラなど約60本が植えられています。

ところで、桜の散歩道には異なる二つの特徴があります。

まず、晴海トリトンスクエアと朝潮運河の間にある桜の散歩道は、幅が広い平坦な道で歩行者専用道路になっています。

長さは約300m、朝潮運河に架かる黎明橋から晴月橋までで、桜の本数は約40本です。

次に、中央区立晴海中学校と朝潮運河の間の桜の散歩道は、歩車道分離になっているものの、通常見かける桜の並木道になっています。

長さは約200m、晴月橋から朝潮橋までで、桜の本数は約20本です。

印象が全く異なるので、私は「桜の散歩道」の案内板があった晴海トリトンスクエア側のみが桜の散歩道だと思っていました。

しかし、中央区のHPを確認したところ、この2つを合わせて「桜の散歩道」と称しているようです。

なお、桜の散歩道で桜が植えられているのは朝潮運河に近い場所なので、桜の満開の季節には桜と運河の美しい景色を合わせて楽しめそうです。

桜の散歩道の見どころ

花のテラスのシダレザクラ
桜の散歩道のうち、とりわけ晴海トリトンスクエア側は、道幅も広く平坦な歩行者用道路になっているので、のんびりと桜を眺めながら散策することができます。

また、晴海トリトンスクエア側の桜の散歩道の中間あたりには、晴海トリトンスクエアの花のテラスがあります。

花のテラスでは、たくさんの季節の花が丁寧に育てられ美しく咲いています。

また、花のテラスは桜の散歩道よりも高い場所にあるので、運河やその向こうの景色を眺めることができます。

さらに花のテラス近くには、いくつもの飲食店がありランチなどを楽しむこともできます。

桜の散歩道に行かれたら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

桜の散歩道には、桜だけではない楽しみがあるようです。

RELATED POST