埼玉県の花の名所

柳瀬川の桜並木のお花見はアクセス便利で散策におすすめのスポット

柳瀬川の満開の桜

柳瀬川は東京都西多摩郡瑞穂町を水源とし、埼玉県志木市で新河岸川に合流する全長27㎞の河川です。

この記事でお伝えする柳瀬川の桜並木のある場所は、埼玉県志木市を流れる柳瀬川。柳瀬川の最下流域にある桜並木でのお花見になります。

柳瀬川で桜が植えられているのは、英橋(川越街道に架かる橋、新座市大和田)から高橋(志木市柏町2丁目付近)までの約4㎞です。

ただ、ここでご紹介する柳瀬川の桜並木はもう少し場所を狭めた東武東上線柳瀬川駅近辺の桜並木です。

柳瀬川の桜並木の何よりの特長は、柳瀬川駅を下車して2分~3分程度で到着をすること。

東武東上線の下りに乗っていると、柳瀬川駅を過ぎるとすぐに柳瀬川の上を通過します。車窓から柳瀬川を眺めると左側にも右側にも桜並木の続いていることがわかります。

そこが、この記事でご紹介をする柳瀬川の桜並木です。

柳瀬川の桜並木の特徴

柳瀬川の満開の桜
柳瀬川駅近くで桜が植えられているのは、柳瀬川右岸(上流から見て川の右側)です。柳瀬川駅により近いのは柳瀬川右岸なので、駅を降りたらすぐに桜並木に到着します。

柳瀬川の桜並木で植えられている桜はソメイヨシノです。柳瀬川右岸の土手の数メートルおきにソメイヨシノが植えられています。

柳瀬川の桜は土手の上にあります。この点は、志木市の隣の朝霞市を流れる黒目川の桜並木と似ていますが、黒目川は土手と川の距離が近いのに対して、柳瀬川の場合は土手と川にそこそこの距離があります。

そのため、柳瀬川の河原でピクニックをしながら土手の上の桜を眺める。柳瀬川の桜並木はそんな楽しみ方ができます。

柳瀬川の桜並木は土手を散策して楽しむのも良し。河原に降りて土手の上の桜並木を楽しむも良し。いろいろな楽しみ方ができるのが柳瀬川の桜並木です。

柳瀬川の桜並木のお花見の注意点

地元の志木市では桜の満開の時期に「さくらまつり」を開催しています。ただし、柳瀬川近くの桜並木で特別のイベントが行われることはないようです。

桜が満開の時期になると、柳瀬川の桜並木ではボンボリを設置し午後5時頃から午後9時頃までライトアップをするので、夜桜を楽しむことはできます。

また桜が咲くころになると数件の屋台もでてきます。

ただこの場所で特別のイベントが行われることはないようですし、臨時トイレが設置されることもないようです。

柳瀬川の桜並木の場所の河川敷は広くピクニックを楽しむ人もいますが、会場にトイレがないことは覚悟しておいた方が良いですし、そこで出たごみは持ち帰る必要があります。

桜が咲いていないときの柳瀬川の土手はウォーキングやジョギングをする人が多いようですが、桜が咲く時期に河原でお弁当を広げているのも地元の人が多いかもしれません。

まとめ

柳瀬川の桜並木
この記事では、柳瀬川の桜並木のアクセスや特徴をご紹介してきました。最後に柳瀬川の桜並木のメリットとデメリットを、簡単にまとめておきたいと思います。

柳瀬川の桜並木のメリットとデメリット


メリット

1 柳瀬川駅のすぐ近くにありアクセスがとても便利。
2 特に大きなイベントはないのであまり混雑はしない。
3 河原が広いのでお弁当を食べながらゆっくりとお花見ができる。
4 ほのかな明かりながらも夜桜も楽しめる。
5 無料で楽しむことができる。

デメリット

1 トイレがないので長い時間滞在することは難しい。


柳瀬川の桜並木は身近で桜のお花見が楽しめる穴場のスポットです。何より駅から近いので、ふらりと降りて桜並木を楽しむのも素敵ですね。

なお、夜桜のライトアップが行われるのは桜の開花期に合わせて、3月下旬から4月上旬までの約2週間程度という場合が多いようです。