関東の花の名所とイベントなどを中心にご案内をしています

目白庭園のライトアップで2017年の紅葉を楽しみませんか

はじめに

この記事では、目白庭園の紅葉の時期に楽しめる2017年の夜間ライトアップの日程や、目白庭園へのアクセスなどをご紹介していきます。

目白庭園は、東京都豊島区にある区立の施設です。

目白庭園は都内にありながらも、花や樹木が楽しめるスポットとして多くの人に親しまれていますが、秋の紅葉はとりわけ有名です。

そして紅葉の時期になると夜間ライトアップが行われます。

目白公園のライトアップで夜の紅葉を楽しんでみませんか。

目白庭園の2017年ライトアップの期間とは


目白庭園で2017年に開催される夜間ライトアップは、

2017年11月23日(木曜日・祝日)から

2017年12月3日(日曜日)まで

の予定です。

夜間ライトアップの時間は、午後5時30分から午後9時まで

最終入園時間は、午後8時30分までとなります。

 

なお、目白庭園の通常時の開園時間は午前9時から午後5時までです。

通常時の開園時間の終わりは、午後5時。

ライトアップの開園時間の始まりは、午後5時30分。

通常の開園時間が終了した後、ライトアップの開園が始まるまで30分あります。

この30分はライトアップの準備をする時間ということなので、昼も夜も紅葉を楽しみたいという場合は一度退園して、ライトアップの開始を待つことになります。

スポンサードリンク


目白庭園の入園料



目白庭園は庭園内にある施設の利用を除けば、基本的には無料です。

したがって、目白庭園の昼間の紅葉は無料で楽しむことができます。

ただし、ライトアップを楽しむ場合は有料。

2017年のライトアップ期間の夜間入園料は、200円(未就学児は無料)になります。

目白庭園の休園日

目白庭園は、原則として毎月第2・4月曜日と年末年始が休園日になっています。

これを2017年のライトアップの期間と突き合わせてみると、2017年のライトアップ期間の中では11月27日(月曜日)が休園日になります。

私自身もライトアップを楽しみたいと思い、目白庭園に11月27日(月曜日)の状況を確認したところ、昼は休園でも夜間のライトアップは実施するというお返事をいただきました。

11月27日(月曜日)にライトアップを見に行こうという方は、念のため再度のご確認をおすすめします。

スポンサードリンク


目白庭園へのアクセス

目白庭園の最寄り駅は、JR山手線の目白駅。

目白駅から徒歩5分の距離に目白庭園はあります。

また、目白庭園は位置的には池袋と目白の間にありますので、池袋駅からも徒歩圏内にあります。

もっとも池袋駅から目白駅までは徒歩15分。

アクセスが最も良いのは目白駅になります。

なお、目白庭園に駐車場はありませんので、基本的なアクセスは電車ということになります。

目白庭園の所在地  東京都豊島区目白3-20-18

目白庭園の特徴

目白庭園は、平成2年に開園した区立の施設です。

面積は、約2,840㎡。

面積は決して広いとは言えませんが、比較的新しい庭園で、しかも都会の真ん中。

そう考えると目白庭園はとても貴重な緑のオアシスと言えそうです。

面積が広くないとは言っても、庭園としては本格的。

目白庭園は、池を中心とした回遊式庭園で、池の周囲には数寄屋建築の「赤鳥庵」、池に張り出した「六角浮き見堂」(休憩所)などが設けられています。

目白庭園の紅葉の時期は、紅葉だけではなく、池に映る紅葉、赤鳥庵などの建築物と紅葉のコントラストなどを楽しむことができます。

また、夜にライトアップされた紅葉は、さらに幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

まとめ



この記事では、目白庭園の紅葉の時期に楽しめる夜間ライトアップの日程や、アクセスなどをご紹介してきました。

目白庭園は、目白駅の近くにあってアクセスがとても便利です。

目白庭園は、池袋などの繁華街に近いながらも、庭園そのものは静かな環境にあります。

目白庭園は、面積もそれほど広くはありませんし、散策路も整備されています。

目白庭園では、昼は穏やかな紅葉、夜のライトアップは幻想的な紅葉を楽しむことができます。

歩くのが苦手な方でも、カップルでも楽しめるのが、目白庭園の昼の紅葉、そしてライトアップされた夜の紅葉です。

目白庭園の紅葉は、おすすめのスポットです。

スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション

アーカイブ