東京都の花

2022年に東京で開催のほおずき市5か所をご紹介します

ほおずき市

東京都の初夏の風物詩の一つ。それがほおずき市です。

東京のほおずき市といえば浅草寺が有名ですが、東京都内でほおずき市が開催されるのは浅草寺だけではありません。

この記事では、2022年に開催される東京のほおずき市5か所をご紹介します。

ぜひ、行けそうなほおずき市を探してみてください。

この記事でご紹介する5か所のほおずき市


1 愛宕神社の千日詣り
2 六本木朝日神社のほおずき市
3 信松院ほおずき市
4 浅草寺のほおずき市
5 文京朝顔・ほおずき市

愛宕神社の千日詣り

開催日

2022年6月23日(木曜日)~2022年6月24日(金曜日)

会場

東京都港区愛宕1-5-3(愛宕神社)

アクセス

東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩8分
都営三田線「御成門駅」より徒歩8分
JR山手線「新橋」駅より徒歩15分

ワンポイント

千日詣り(せんにちまいり)は、この日に参拝すると千日分のご利益があると言われています。

また、この日に合わせて開催されるほおずき縁日は、ほおずき市の始まりと言われています。

元々の由来は、境内で自生するほおづきを飲むと子供の癇・婦人病に効くというものでしたが、現在ではお祓い済みの青いほおづきが販売されるようになっています。

例年6月23日と24日の両日にわたって開催される愛宕神社の千日詣り・ほおづき縁日は、ご利益だけでなく歴史の風情を楽しみたい方におすすめのスポットです。

六本木朝日神社のほおずき市

開催日

2022年7月8日(金曜日)~2022年7月9日(土曜日)。

時間は、午前10時から午後6時30分まで(売れ切れ次第終了)。

会場

東京都港区六本木6-7-14(六本木朝日神社)

アクセス

東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩1分
都営大江戸線「六本木」駅 より徒歩2分

ワンポイント

六本木朝日神社のほおずき市は、毎年7月上旬の金曜日と土曜日に開催されています。

ここで販売されるほおずきは、宮崎県日之影町のほおずき。都会と田舎の交流をテーマに、宮崎県のほおずきを東京のほおずき市で販売しています。

信松院ほおずき市

開催日

2022年7月9日(土曜日)~2022年7月10日(日曜日)。

時間は、午前9時から午後4時30分まで(売れ切れ次第終了)。

会場

東京都八王子市台町3-18-28(信松院)

アクセス

JR西八王子駅から徒歩で15分

ワンポイント

浅草寺と同様、この日に参拝すると46,000日分の功徳があるとされています。また、例年であれば、ほおずきだけでなく朝顔や風鈴なども販売をされています。

信松院ほおずき市は、八王子の夏の風物詩として人気で多くの人で賑わいます。

浅草寺のほおずき市

開催日

2022年7月9日(土曜日)~2022年7月10日(日曜日)

会場

東京都台東区浅草2-3-1(浅草寺)

アクセス

東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩5分
東武スカイツリーライン「浅草」駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草」駅より徒歩7分
つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩5分

ワンポイント

浅草寺のほおずき市は、毎年7月9日と10日の2日間にわたって開催されます。

7月10日は「四万六千日(しまんろくせんにち)」のご縁日ということで、この日に参拝すると46,000日分の功徳があるとされていました。

現在では7月9日だけでなく、7月10日も四万六千日のご縁日とされてます。

また、この日に合わせて境内にほおずき市が立つようになり、今では東京都内でもっとも規模の大きいほおずき市とされ、夏の浅草の風物詩としてもとりわけ人気があります。

文京朝顔・ほおずき市

文京朝顔・ほおずき市の開催日は同一ですが、会場は異なりますので会場とアクセスについてはそれぞれについてご案内します。

なお、文京朝顔・ほおずき市は例年7月の第3土曜日とその翌日の日曜日の2日間開催されています。

開催日

2022年7月23日(土曜日)~2022年7月24日(日曜日)。

7月23日は午前8時~午後7時、7月24日は午前8時~午後3時(売切れ次第終了)の予定。

ワンポイント

文京区には花の名所が沢山あります。

その中で、徳川家ゆかりの寺である伝通院の朝顔市、こんにゃくえんまで知られる源覚寺のほおづき市では、鉢植えの販売の他、多くのイベントが開催され親しまれています。

文京朝顔市

会場

伝通院(東京都文京区小石川3-14-6)

アクセス

東京メトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅より徒歩10分
都営地下鉄三田線・大江戸線春日駅より徒歩10分
他に都バス、文京区コミュニティバスでもアクセス可能

文京ほおずき市

会場

源覚寺(東京都文京区小石川2-23-14)

アクセス

東京メトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅より徒歩3分
都営地下鉄三田線・大江戸線春日駅より徒歩3分
他に都バス、文京区コミュニティバスでもアクセス可能

まとめ

ほおずき市で売られるほおずきの鉢
この記事では2022年に開催予定の東京のほおずき市5か所をご紹介しました。

ところで、東京都内のほおずき市についての記事は2019年にも書いています。その時、ご紹介したのは8か所でした。

しかし、新型コロナウィルスの影響で2020年と2021年はほとんど中止であったように思われます。

2022年はようやく復活の兆しを見せてはいますが、それでもまだ5か所。開催中止に至ったほおずき市もあります。

また開催が開催したほおずき市についても、今後不測の事態が生じるかもしれません。

この記事で開催予定の5か所をご紹介しましたが、実際に訪ねる際はそれぞれのHPなどをご確認なさってください。

来年はもっと開催される場所が増えると良いですね。

RELATED POST