埼玉県の花の名所

与野公園のばらまつり!2018年の日程・アクセスをご案内

あでやかに咲く赤いバラ

旧埼玉県与野市、現在の埼玉県さいたま市中央区にある与野公園。その与野公園で開催される、2018年のばらまつりの日程やアクセス、そして与野公園ばらまつりの特徴などについてご案内をしていきます。

ところで与野公園はどのような公園なのでしょうか。

与野公園は、明治政府の公園制度の一環として1877年に開設されています。公園の広さは5.1ヘクタールで、そのうち5500㎡がバラ園になっています。

バラの植栽は随時増やされていて、現在は約170種類、約3000株のバラがあります。

与野公園は春の桜の名所としても知られていますが、桜の花が終わった後のバラはさらに多くの人に親しまれています。

与野公園のばらまつりの日程

2018年の与野公園のばらまつりは

 

2018年5月19日(土曜日)から

2018年5月20日(日曜日)まで

 

の2日間の日程で開催されます。

また、ばらまつりが開催される時間は午前9時~午後5時となります。

なお、入場料は無料です。

与野公園のばらまつりの会場

与野公園で咲くピンクのバラ
与野公園の南北には駐車場があります。ただし、ばらまつりの開催期間中は駐輪場などで利用されるため、車の駐車はできません。

また、2017年の状況をみると中央区役所の駐車場などを臨時駐車場として開放しているようですが、与野公園から見たら中央区役所は最寄り駅の与野本町駅よりも遠い場所にあります。さらに、ばらまつりが開催される2日間は周辺道路が渋滞をします。

与野公園のばらまつりには、車よりも電車で行くことがおすすめです。

電車で行く場合

JR埼京線与野本町駅より徒歩約15分

所在地

埼玉県さいたま市中央区本町西1丁目



与野公園のばらまつりの特徴

バラは5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬と、年に2回花を咲かせますが、ばらまつりは通常5月の第3土曜日とその翌日の日曜日に開催をされています。

与野公園のばらは種類が多いので楽しめる期間もその分長くなっています。また、与野公園のバラは地植えだけでなく、バラのアーチやバラの壁など、手入れの行き届いた公園でなければ見ることのできないバラを鑑賞することもできます。

もっとも、ばらまつりの期間はバラの苗木の販売、ステージでの各種イベントがあり模擬店も出展されています。バラの美しさと賑わいを同時に楽しみたい方は、ばらまつり開催中の訪問がおすすめです。

さいごに

群生する与野公園のバラ
この記事では、与野公園で開催される2018年のばらまつりの日程やアクセス、そして与野公園やばらまつりの特徴などについてご案内をしてきました。

最寄り駅の与野本町駅からは徒歩15分と若干の距離がある与野公園ですが、駅から公園まではおおむね平坦地で公園内も起伏はほとんどありません。

アクセスに不自由はなく、入園料も不要。さらには、ばらまつりが開催されるのは新緑の季節。天気さえよければとても楽しめるのが与野公園のばらまつりです。