埼玉県の花

見沼自然公園の睡蓮の見ごろの時期やおすすめポイント

見沼自然公園の睡蓮

見沼自然公園は埼玉県さいたま市緑区にあります。

109,000㎡と広大な敷地を有し、修景池・芝生広場・自然観察園・野鳥の池・ゲートボール場などが設けられています。

見沼自然公園で睡蓮(スイレン)を眺められるのは、園内中央部にある大きな修景池です。

この記事では、見沼自然公園の睡蓮の見ごろの時期やおすすめポイントを、実際に私が訪ねた時の様子を交えながらご紹介します。

見沼自然公園の基本情報

所在埼玉県さいたま市緑区大字南部領辻450-1
アクセスJR大宮駅東口より、さいたま東営業所行き・浦和美園駅西口行き・浦和学院高校行き・浦和東高校行き。
JR東浦和駅より、さいたま東営業所行き。
JR浦和駅東口より、さいたま東営業所行き。
埼玉高速鉄道浦和美園駅西口より、大宮駅東口行き。
何れも「締切橋」下車徒歩5分。
入園料無料
駐車場198台(無料)
開場時間⇒4月~9月は午前9時~午後6時、10月~3月は午前9時~午後5時、12月29日~1月3日は利用不可
※ ご紹介したのは記事を書いている時点での情報です。今後、内容が変わる可能性もありますのでご注意ください。

見沼自然公園の睡蓮の見ごろの時期

見沼自然公園では、品種はわからないものの赤・白・ピンクの睡蓮を眺めることができます。

この中で、一番早く開花するのは赤の睡蓮で6月頃から花を咲かせます。少し遅れて7月頃から咲くのが白やピンクの睡蓮です。

その年の天候などによって咲く時期も変わりますが、全体的な見ごろの時期は6月下旬から8月上旬。

睡蓮は午後になると花を閉じてしまいますので、7月の午前中であれば多くの年で見ごろの睡蓮を楽しむことができそうです。

見沼自然公園の修景池と睡蓮の様子

修景池は、公園入口から芝生広場を通り過ぎた先にあります、

入口から修景池まではゆっくりと歩いて2~3分。平坦な土地で芝生広場から少し先にある修景池が見えるので迷うことはないと思います。

修景池の面積は分かりませんが、池の周囲にある遊歩道を睡蓮を眺めながら、のんびりと歩くと概ねですが15分~20分程度になります。

修景池は広いので、池一面に睡蓮が広がっているわけではありません。しかし、所々に群生してるので相当な数の睡蓮があることが分かります。

また、遊歩道から遠く離れた群生もありますが、遊歩道近くにも群生はあるので睡蓮の花を間近で見ることができます。

なお、より多くの睡蓮を眺めたい方は双眼鏡などを持参するのがおすすめです。

実際に訪ねてみました

私が見沼自然公園を訪ねたのは、7月上旬、平日の午前中です。

平日なので訪ねる人も少なく、駐車場にもかなりの余裕がありました。

園内に入ると校外学習なのか小学生の集団があり賑わいがありましたが、広い公園で距離もあったため全く気になりませんた。

池の周囲の遊歩道は、ほとんどの場所が池のすぐ近くにあります。

一部、池から少し離れたところもありますが、そこからでも池に近づくことができるので、遊歩道のどの場所からでも睡蓮を眺めることができます。

肝心の睡蓮ですが、前述のとおり池のあちらこちらに群生があり、赤・白・ピンクの睡蓮を見かけることができました。

睡蓮の葉がまだまだ小さいようにも感じられたので、本当の見ごろはもう少し先なのかもしれませんが、それでもかなりの数の睡蓮の花を眺めることができました。

先ほど見ごろの時期を7月と書きましたが、私が訪ねた年に関して言えば7月中旬が最盛期だったかもしれません。

見沼自然公園のおすすめポイント

見沼自然公園のスイレン
この記事では、見沼自然公園で睡蓮が見られる場所や、見ごろの時期、そして私が実際に訪ねた時の状況をご紹介してきました。

最後に、見沼自然公園のおすすめポイントを3点ほどお伝えしたいと思います。

おすすめポイント1 広い無料駐車場がある

見沼自然公園は鉄道の最寄り駅から離れた場所にあるため、バスがあるとはいってもアクセス至便というわけではありません。

しかし、その代わりに広い無料駐車場があります。無料駐車場は常時開放ではないものの、睡蓮が咲くのは午前中なので問題はありません。

もちろんトイレもありますし、飲料水などの自動販売機も設置されています。

おすすめポイント2 修景池周囲の遊歩道の一部に日陰がある

修景池の周囲には遊歩道があります。

ほとんどか舗装されてないので、雨が降った後は多少のぬかるみができるかもしれませんが、踏み固められている道なので普段は容易に歩くことができます。

また、すべてではないものの遊歩道のわきに樹木が植えられている場所があります。

睡蓮の花が咲く季節は晴れていると相当に暑いこともありますが、樹木は程よい木陰を作ってくれます。

暑さを感じた時は水分を取りながら、木陰で休憩することができます。

おすすめポイント3 のんびりと過ごすことができる

見沼自然公園では修景池のほとりの遊歩道を歩きながら、のんびりと睡蓮を眺めることができます。

また、他にも散策できる場所がありますし、広い芝生広場でお弁当を食べながら過ごすこともできます。

電車やバスでのアクセスはちょっと不便かもしれませんが、見沼自然公園は自分のペースで時間を使うことができるおすすめのスポットです。

RELATED POST