東京都の花

旧古河庭園のバラの見頃とこの時期の魅力をお伝えします

旧古河庭園とバラ

この記事では、旧古河庭園のバラの見頃と、この時期の旧古河庭園が持つ魅力をお伝えします。

ところで、バラは年に2回花が咲き、それぞれに見ごろの時期があります。

バラで有名な旧古河庭園(きゅうふるかわていえん)でも年に2回、バラの花が見ごろの時期にバラフェスティバルが開催されています。

ぜひ、「バラフェスティバル」の時期の旧古河庭園にお出かけになってみてください。

旧古河庭園の基本情報

所在地東京都北区西ケ原1-27-39
アクセス(電車)JR京浜東北線「上中里駅」より徒歩7分
東京メトロ南北線「西ケ原駅」より徒歩7分
JR山手線「駒込駅」より徒歩12分
駐車場なし
開園時間午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日年末年始(12月29日~翌年1月1日)
入園料一般150円、65歳以上70円、その他料金設定あり
※ ここでご紹介したのは、この記事を書いている時点での情報です。今後、内容が変わることもありますがご了承ください。

旧古河庭園とバラ

旧古河庭園の洋館とバラ
旧古河庭園はその名前のとおり、古河財閥の邸宅として使用されていたもので、現在も残るジョサイア・コンドル設計による洋館は1917年に竣工しています。

その後、1947年に国有財産になり、さらに東京都が国から借り受ける形で1956年に公園として整備。

名称も旧古河庭園になり、現在では東京都内に9つある都立庭園の一つに数えられています。

旧古河庭園は洋館の南側に階段状のバラ園があり、ここに約100種200株のバラが植栽されています。

なお、洋館の近くにあるのはバラを中心とした西洋庭園ですが、さらにその先には7代目小川治兵衛設計による日本庭園が設けられ、11月下旬には紅葉を楽しむこともできます。

旧古河庭園のバラの見ごろの時期

その年の天候などの状況によっても異なりますが、

春のバラの見ごろの時期は、5月上旬~6月下旬。

秋のバラの見ごろの時期は、10月上旬~10月下旬。

バラは種類が多く、咲く時期も若干の違いがあります。そのため、バラの見ごろの時期は他の花よりも長いという特徴があります。

例年、旧古河庭園では春と秋のバラの見ごろの時期に、バラフェスティバルが開催されています。

細かな日程はその都度公表されていますが、春のバラフェスティバルは5月上旬~6月下旬、秋のバラフェスティバルは10月中。

春と秋のそれぞれの見ごろの時期に合わせて、バラフェスティバルが開催されます。

さいごに バラの見頃の時期の魅力とは

旧古河庭園の洋館とバラ
この記事では、旧古河庭園のバラの見頃の時期についてお伝えしてきました。最後に、バラの見ごろの時期の旧古河庭園の魅力をお伝えします。

旧古河庭園の面積は約3万㎡ありますが、その中には洋館もあれば、西洋庭園・日本庭園もあります。

旧古河庭園でバラが楽しめる場所はそれほど広くはありませんし、バラの本数も際立って多いわけではありません

でも一本一本のバラが丁寧に手入れされていて、間近でバラの花を眺めることができるので、とても見ごたえがあります。

また、レンガ造りの洋館と西洋庭園のバラの景色を楽しめる場所は決して多くはなく、他ではなかなか味わうことができない魅力が旧古河庭園にはあります。

またバラフェスティバルでは、音楽会などのイベント、臨時売店等などでのショッピングなどの楽しみもあります。

さらに最寄駅から近く、東京都の施設なので入場料が安いというのも魅力的です。

春バラの見ごろの時期も、秋バラの見ごろの時期も、1年の中では比較的穏やかな季節です。そんなさわやかな一日を旧古河庭園で過ごしてみてはいかがでしょうか。

なお、旧古河庭園の近くには同じく都立庭園の一つに数えられている六義園(りくぎえん)があります。六義園は春のつつじ、初夏のあじさい、秋の紅葉などで知られています。

旧古河庭園と六義園は徒歩圏内にあることから、共通入園券「園結びチケット」も販売されていて、各庭園で入園券を求めるより少し割安になっています。

同じ都立庭園でも趣は全く異なるので、旧古河庭園のバラを眺めた後に六義園を訪ね、庭園の景色やその時々の季節の花を楽しむのもおすすめです。

RELATED POST