埼玉県の花の名所

埼玉県で菜の花と桜が楽しめる名所5選!のんびりと訪ねてみませんか

満開の菜の花と青い空

埼玉県内にはたくさんの桜の名所があります。桜の白やピンクの花は私たちの心を和ませてくれます。そして桜に黄色い菜の花の群生が加わると、さらに気分を明るくさせてくれます。

そこで、この記事では埼玉県で菜の花と桜が同時に楽しめる名所を5か所選んで、ご紹介していくことにしました。菜の花と桜が咲く名所をのんびりと訪ねてみてはいかがでしょうか。

菜の花と桜が楽しめる名所5選


1 権現堂堤(幸手市)
2 さくら堤公園(吉見町)
3 熊谷桜堤(熊谷市)
4 鹿島古墳群(深谷市)
5 巾着田(日高市)

権現堂公園

権現堂堤の桜と菜の花
所在地埼玉県幸手市大字内国府間
アクセス(電車)東武日光線「幸手駅」より徒歩30分
アクセス(車)圏央道「幸手IC」より約10分
東北自動車道「久喜IC」より約20分
イベント幸手桜まつり
ライトアップあり
入園料無料
幸手市の中川沿いにある埼玉県営の権現堂公園内。その公園の中にある権現堂堤は埼玉県内でも屈指の桜の名所として知られています。

約1kmの堤にソメイヨシノが約1,000本。満開時にはソメイヨシノが淡いピンクの桜のトンネルを作り出してくれます。

その桜並木近くに咲くのが黄色い菜の花。少し離れて見ると、桜と菜の花が見事なコントラストを醸し出してくれます。

なお毎年3月下旬から4月上旬まで「幸手桜まつり」が開催され、たくさんの露店が出店し、多くの人で賑わいます。

権現堂公園には無料の駐車場がありますが、イベント開催時は有料になります。また台数も4つの駐車場で合計800台程度が収容できますが、どこも大混雑。

幸手桜まつり開催中の特に土・日・祝日は電車でのアクセスがおすすめです。

※ 幸手駅から五霞町役場行のバスで権現堂堤に向かうことができますが本数が少ないのでご注意ください。なお、イベント開催中には直行臨時バスが運行されることもあります。

さくら堤公園

所在地埼玉県比企郡吉見町大字飯島新田
アクセス(電車)JR高崎線北本駅より徒歩1時間強
東武東上線川越駅より鴻巣免許センター行きで荒子下車、荒子より徒歩15分
アクセス(車)関越自動車道「東松山IC」より約20分
圏央道「桶川北本IC」より約10分
イベントさくら祭り
ライトアップなし
入園料無料
さくら堤公園は荒川の土手沿いに整備された公園で、近くにはさいたま市の秋ヶ瀬公園と滑川町の森林公園を結ぶサイクリングコースがあります。

桜並木は1.8kmの長さで、500本のソメイヨシノが植えられています。またソメイヨシノが咲く土手の斜面には菜の花が植えられていて、菜の花と桜を同時に楽しむことができます。

桜と菜の花の見ごろの時期は3月下旬から4月上旬にかけて。例年4月上旬には「さくら祭り」も開催されています。

さくら堤公園はサイクリングコースの横にあるので、季節にはサイクリングで楽しむ人が多いのが特徴です。

アクセスが若干不便なので家族連れなどは車で行くことも多いとは思いますが、その時はさくら堤公園近くにある町営の無料駐車場(100台)を利用することになります。

熊谷桜堤

所在地埼玉県熊谷市河原町2先
アクセスJR熊谷駅・秩父鉄道熊谷駅より徒歩5分
イベントさくら祭
ライトアップあり
入園料無料
熊谷桜堤は熊谷駅より徒歩約5分で、アクセスが便利な菜の花と桜の名所です。

この場所は江戸時代より桜の名所として知られていて、日本のさくら名所100選にもなっています。

熊谷桜堤は荒川の堤防で2㎞の間に500本のソメイヨシノが植えられています。土手の下に植栽された桜、土手の斜面を黄色く覆いつくす菜の花のコントラストは見事です。

なお、例年3月下旬から4月上旬にかけて「さくら祭」が開催され、多数の露店が並ぶとともに、ライトアップで昼だけでなく夜も多くの人で賑わいを見せています。

参考 埼玉県内の「さくら名所100選」


① 大宮公園
② 長瀞
③ 熊谷桜堤

鹿島古墳群

所在地埼玉県深谷市本田190他
アクセス(電車)秩父鉄道武川駅より徒歩60分
アクセス(車)関越自動車道「花園IC」より約15分
イベントなし
ライトアップなし
入園料無料
荒川の河岸段丘上にある鹿島古墳群には小規模な円墳が56基あります。

現在は埼玉県指定史跡として整備され、鹿島古墳群の敷地の東側と南側に100本のソメイヨシノが植栽され、その根元に多くの菜の花が自生しています。

今回の記事でご紹介してきた他の菜の花と桜の名所は、観光客目当てという側面がありますが、鹿島古墳群は史跡なので菜の花や桜に関するイベントもなければライトアップもありません。

ただ駐車場はあるので、車で立ち寄りのんびりと桜と菜の花を鑑賞することができます。

なお、鹿島古墳群より車で10分ほどのところには埼玉県農林公園があります。埼玉県農林公園には遊具があり、収穫体験などもできるので、ファミリーにもおすすめ。

小さなお子様連れの場合は、鹿島古墳群で桜と菜の花を見た後に、埼玉県農林公園で遊んで帰るのもおすすめです。

巾着田

日和田山より眺めた巾着田
所在地埼玉県日高市高麗本郷
アクセス(電車)西武池袋線高麗駅より徒歩20分
JR川越線・八高線高麗川駅より徒歩45分
アクセス(車)圏央道「狭山日高I.C」より約15分              圏央道「圏央鶴ヶ島I.C」より約25分
関越自動車道「鶴ヶ島I.C」より約30分
イベント巾着田菜の花まつり
ライトアップなし
入場料無料
巾着田(きんちゃくだ)は高麗川が巾着袋のような形で蛇行し、その中に一面の田があったことに由来をしています。

もっとも現在の巾着田で有名なのは曼珠沙華(彼岸花)。巾着田の彼岸花の群生地は日本一の広さを誇るといわれていて、季節になると多くの観光客でにぎわいます。

巾着田がもっとも注目を浴びるのは彼岸花が咲き誇る秋ですが、春の菜の花と桜も人気があります。

巾着田の縁を沿うように植えられている桜と、桜の木に囲まれるような菜の花畑の菜の花のコントラストは見事です。

なお例年4月上旬に「巾着田菜の花まつり」が開催されます。巾着田には有料の駐車場がありますが、特にイベントのある日は大混雑。待つのが嫌だという方は電車でのアクセスをおすすめします。

まとめ

この記事では、埼玉県で菜の花と桜が楽しめるスポットを5か所ご紹介してきました。

埼玉県内では桜を楽しめる場所はたくさんあります。また、菜の花を楽しめる場所もあります。しかし、菜の花と桜を同時に視界に収められる場所は案外と少ないようです。

それは、特に菜の花の群生を作り出すためにはそれなりの面積を必要とするためです。今回ご紹介した5つのスポットは、いずれも広い面積が確保できる川の近くにありました。

もっとも広い敷地があるからこそ、訪ねてお弁当を広げることもできます。ぜひ、春の一日をのんびりとお過ごしください。

※ イベントの開催日程等はその年によって異なります。その都度、主催団体等のHPでお確かめになってください。