大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

真田昌幸は表裏比興の者!草刈正雄の演技が楽しみ!

大河ドラマ「真田丸」の主人公は真田信繁。その真田信繁の父が真田昌幸で、真田昌幸を演じるのが草刈正雄です。 草刈正雄がどのように演技をして真田昌幸を作り上げていくのか楽しみです。 さて、真田昌幸は1547年に生まれ、1611年に亡くなります。真田昌幸の最期は追放をされた紀州の九度山…

真田信幸を演じる大泉洋の新境地に期待!

平成28年大河ドラマ「真田丸」の主人公は真田信繁。その真田信繁の兄が大泉洋演じる真田信幸です。 真田信繁が大坂夏の陣で華々しい討死をして49歳の一生を終えたのに対して、兄である真田信幸は信州松代藩の藩祖として生き残り、最期は93歳の大往生を遂げます。 真田丸の主人公である真田信繁の身近な…

堺雅人演じる真田信繁(真田幸村)に期待!

平成28年(2016年)の大河ドラマは真田丸。そして主演は「半沢直樹」で一躍役者としての注目を浴びた堺雅人。 ゲームの影響でしょうか? 堺雅人に真田信繁(真田幸村)役は似合わないという意見があり、堺雅人自身もそうした意見のあることを知っていたみたいですが、個人的にはとても楽しみで期待をし…

中村紀洋がDeNAを戦力外通告も現役続行を希望 移籍先は中日か?

DeNAの中村紀洋選手が戦力外通告。 2012年以来在籍したDeNAを離れることになりました。 中村紀洋選手自身は1973年7月生まれですでに41歳。 現役生活に別れを告げてもおかしくはない年齢ですが、本人はあくまでも現役続行を希望。 さらに現役続行の希望先は海外のチームでは…

市川由衣が宇都宮鎮房の娘お鶴(鶴姫)役で出演

大河ドラマ「軍師官兵衛」もいよいよ佳境に入り、黒田官兵衛の軍師らしさ、黒田長政の成長ぶりが描かれていますが、その黒田官兵衛、黒田長政にとって最大の汚点ともされているのが、宇都宮鎮房の謀殺です。 そして、宇都宮鎮房の娘として登場をするのが市川由衣(いちかわゆい)演じるお鶴(鶴姫)です。 黒…

吉本実憂(よしもとみゆ)演じる栄姫(えいひめ)は政略結婚で黒田長政の2番目の正室となる

軍師官兵衛では、主役の黒田官兵衛だけでなく、その嫡男である黒田長政の登場も増えてきています。 黒田官兵衛は戦国時代末期の軍師として有名ですが、むしろ江戸時代の黒田家の礎を築いたのは黒田長政。 黒田長政は、父である黒田官兵衛に比べたら知略は及ばず、むしろ武術に優れていたとも言われていますが…

斎藤佑樹「2度目の野球人生」はどうなる 次回登板も心配 2014年8月

日本ハムの斎藤佑樹投手。 長い故障の末、2014年7月に1軍復帰。 斎藤佑樹投手は、7月12日のソフトバンク戦5回1失点、このときは勝利投手になることはできなかったものの、7月31日のロッテ戦では6回1失点で785日ぶりの1軍勝利をあげて、今後のローテーション入りが期待されていました。 …

二階堂ふみが演じる茶々(淀君)は豊臣秀吉の側室となり秀頼を産むも豊臣家を滅亡に導く

軍師官兵衛も後半に入り、新たな人物の登場も目立ってきています。 軍師官兵衛の前半は黒田官兵衛自身が地方の一武将にすぎなかったため、登場する人物も知名度の低い人が多かったようですが、後半の黒田官兵衛は天下取りの軍師。 黒田官兵衛が、羽柴秀吉改め豊臣秀吉に近い存在であったことも大きく影響して…

宇都宮鎮房(うつのみやしげふさ)を黒田官兵衛と黒田長政が謀殺 大河ドラマではどのように描かれるのか

軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛がいよいよ軍師らしさを発揮してきました。 また、黒田官兵衛の嫡男である黒田長政も少しずつですが存在感を発揮しつつあります。 黒田官兵衛は軍師。 戦いにおける策略家です。 ただ、策略家の中にあっては、むしろ善人、そうした評価も定着しているようで…

巨人の澤村拓一が2軍に降格 勝てない理由とは 今後も心配

巨人の澤村拓一(さわむらひろかず)投手。 7月29日の対DeNA戦に登板するも4回1/3で、12安打を浴び、7失点で降板。 もちろん敗戦投手で今季の通算成績を1勝3敗としただけではなく、2軍降格を言い渡されています。 巨人の原監督は常々澤村拓一投手に対して、信頼できる投手になってほ…

スポンサードリンク