埼玉県の花の名所

鴻巣市ポピーまつり2019!日程・会場・アクセスなどを簡単解説

オレンジ色のポピーの花

この記事では、埼玉県鴻巣市で開催される2019年のポピーまつりの日程や会場やアクセス、そして特徴などを簡単にご紹介していきます。

ところで、埼玉県鴻巣市は「花のまち こうのす」をテーマに、1年を通じて様々な花が楽しめる場所として知られています。

また日本一獲得にも熱心で、花関連でいえばサルビア・プリムラ・マリーゴールドの出荷量が過去に日本一になっています。

そんな鴻巣市の花に関する代表的なイベントが「こうのす花まつり」です。

こうのす花まつりは、花が主語になっているだけに開催期間中に様々な花のイベントが開催されます。

今回、ご紹介をするのはこうのす花まつりの一環として行われる「ポピーまつり」と「麦なでしこ・ポピーまつり」です。

この記事では、2019年の鴻巣市のポピーまつりと麦なでしこ・ポピーまつりの日程・会場・アクセスをご紹介していきます。

鴻巣市の花まつり、そしてポピーまつりを楽しんでみませんか。

2019年こうのす花まつりの概要

名称市制施行65周年記念 第9回こうのす花まつり
期間2019年5月11日(土曜日)~5月26日(日曜日)
備考各イベントの期間は、各イベントごとに定められています。

2019年こうのす花まつりの主なイベント

イベント名日程会場
ポピーまつり5月18日(土)~5月26日(日)午前9時~午後4時馬室
麦なでしこ・ポピーまつり5月18日(土)・5月19日(日曜日)午前9時~午後4時吹上
鴻巣オープンガーデン5月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)午前9時30分~午後4時市内各所
花久の里バラまつり5月11日(土)~5月19日(日)午前9時~午後4時花久の里

2019年の鴻巣市のポピーまつり① ポピーまつりの概要

鴻巣市ポピーまつりで楽しめるポピーの群生
日程2019年5月18日(土曜日)~5月26日(日曜日)午前9時~午後4時
会場馬室荒川河川敷(鴻巣市滝馬室1139-1付近)
イベント開催日5月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)
アクセスJR高崎線鴻巣駅西口よりフラワー号馬室コースに乗車。「給食センター前」下車徒歩5分
駐車場400台(協力金500円)
こうのす花まつりで、ポピーの名前が冠されているのは「ポピーまつり」と「麦なでしこ・ポピーまつり」です。

ここでご案内をするのはポピーまつりです。

ポピーまつりのキャッチコピーは「日本一広いポピー畑」。日本一が大好きな鴻巣市にふさわしい規模を誇っています。

会場の敷地面積は12.5haで東京ドームの2.5倍。植えられているポピーは約3,000万本。まさに埼玉県を代表するポピーの名所です。

アクセスは電車の場合は、JR高崎線鴻巣駅下車。会場までは、徒歩で20分~30分の距離になります。

またバスで行く場合ですが、鴻巣駅西口よりフラワー号馬室コースに乗車。約8分で「給食センター前」に到着するので、ここで下車して徒歩5分で会場に到着します。

ただし、バスは1時間半に1本程度なので、事前に乗るバスを考えておきたいところです。

またポピーまつりの会期は5月18日(土)~5月26日(日)ですが、期間中の5月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)にはイベントが催され、この日に合わせて鴻巣駅東口より馬室会場まで無料シャトルバスが運行されます。

本数もそこそこあるので土曜日・日曜日はこちらの利用がおすすめです。

車で行く場合は会場近くの駐車場(協力金500円)を利用します。

会場のある場所は荒川の河川敷。荒川に架かる御成橋より下流域がポピーまつりの会場になります。

河川敷だけに敷地は広くとれ、雄大なポピーの群生を楽しむことができます。

一方。面積の広い河川敷だけにすべてがバリアフリーに対応しているわけではありません。歩くのが厳しい方はこの点に注意が必要です。

なおイベントの名称はポピーまつりですが、会場に隣接して麦なでしこ畑もあります。ポピーだけでなく麦なでしこも楽しみです。

※ 麦なでしことは

麦なでしこ(別名アグロステンマ)は、地中海原産のナデシコ科の1年草です。花の咲く時期は5月~6月で、草丈は約70㎝。花の色はピンクや紫で、5弁の可憐な花を咲かせるのが特徴です。

2019年の鴻巣市のポピーまつり② 麦なでしこ・ポピーまつりの概要

鴻巣市ポピーまつりで楽しめる麦なでしこーの群生
日程2019年5月18日(土)・5月19日(日)午前9時~午後4時
会場コスモスアリーナふきあげ周辺(鴻巣市明用636-1)
アクセスJR高崎線吹上駅南口よりフラワー号吹上コース南回りに乗車。「コスモスアリーナふきあげ」下車
駐車場会場近隣の駐車場300台(協力金500円)
パークゴルフ場付近500台(無料)
こうのす花まつりでポピーの名前が冠されたのは「ポピーまつり」と「麦なでしこ・ポピーまつり」です。

ここでご案内をするのは麦なでしこ・ポピーまつりです。

麦なでしこ・ポピーまつりのキャッチコピーは「堤防から一望する絶景」。

麦なでしこ・ポピーまつりの会場も荒川河川敷。河川敷の堤防の上から眼下に広がるポピーや麦なでしこの群生は見事です。

会場があるのは鴻巣市の体育施設「コスモスアリーナふきあげ」と荒川河川敷の間。ここにポピー畑と麦なでしこ畑があります。

アクセスは、電車の場合はJR高崎線吹上駅下車。会場までは徒歩で30分の距離になります。

またバスで行く場合ですが、吹上駅南口よりフラワー号吹上コース南回りに乗車。約16分で「コスモスアリーナふきあげ」に到着するので、ここで下車します。

ただし、バスは1日に2本程度なので、事前に乗るバスを考えておきたいところです。

なお、麦なでしこ・ポピーまつりの会期である5月18日(土)と5月19日(日)にはイベントが催され、この日に合わせて吹上駅南口より吹上会場まで無料シャトルバスが運行されます。

本数もそこそこあるので土曜日・日曜日はこちらの利用がおすすめです。

車で行く場合は会場近くの駐車場(協力金500円)又は会場から少し離れたパークゴルフ場付近500台(無料)を利用します。

会場のある場所は荒川の河川敷。荒川に架かる大芦橋より下流域が麦なでしこ・ポピーまつりの会場になります。

ところで麦なでしこ・ポピーまつりの会期である5月18日(土)と5月19日(日)にはイベントが催されると書きましたが、5月19日(日)には大芦橋と会場の間にある荒川水管橋の見学会が開催されます。

水管橋は水を運ぶ専用の橋であり、普段は人が通行することはできないのが一般的です。

荒川水管橋は全長1,101mで日本一長い水管橋で日本一が大好きな鴻巣市にふさわしい施設と言えそうです。

荒川水管橋も普段は自由に立ち入ることはできませんが、5月19日(日)には見学会が開催されます。

荒川水管橋から見るポピーや麦なでしこは見事な景色。可能であればぜひ見ておきたいものです。

荒川水管橋見学会の概要

日時5月19日(日)午前9時より
申込み当日に現地受付
受付場所コスモスアリーナふきあげ前の土手の上
対象小学校4年生以上

なお、吹上会場の麦なでしこ・ポピーまつりの場所も、河川敷だけに敷地は広くとれ、雄大なポピーや麦なでしこの群生を楽しむことができます。

一方、面積の広い河川敷だけにすべてがバリアフリーに対応しているわけではありません。歩くのが厳しい方はこの点に注意が必要です。

まとめ

鴻巣市ポピーまつりで楽しめる麦なでしこの花
花による観光客誘致と、さまざまな日本一に熱心な鴻巣市。

その鴻巣市で開催される春の花のイベントが「こうのす花まつり」です。

花まつりというイベントだけに、こうのす花まつりでは様々な花のイベントを楽しむことができます。

その中でも中心になるのがポピーに関するイベントです。

ポピーに関するのは馬室会場で開催されるポピーまつりと、吹上会場で開催される麦なでしこ・ポピーまつりです。

ポピーまつりは「日本一広いポピー畑」を誇り、麦なでしこ・ポピーまつりは近くの荒川水管橋が日本一の長さを誇ります。

どちらのイベントもポピーの群生を思い切り楽しめるイベントと言えそうです。

なお、ポピーまつりと麦なでしこ・ポピーまつりは会場だけでなく会期も異なっていますので、この点にはご注意ください。