埼玉県の花の名所

大宮の紅葉スポット!氷川神社と大宮公園の散策がおすすめ

秋の深まりを知らせてくれる紅葉

浦和市・大宮市・与野市・岩槻市が合併してできたのがさいたま市です。そのため、大宮市は既になくなっていますが、それでも大宮という名前は駅名として残っています。

この記事では、さいたま市ではなく旧大宮市の紅葉スポットの代表格として、氷川神社と大宮公園をご紹介していきます。

まずは、氷川神社と大宮公園の所在地からご案内します。

名称所在地アクセス
氷川神社埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1丁目JR大宮駅より徒歩で約15分
大宮公園埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2丁目東武アーバンパークライン大宮公園駅より徒歩10分
所在地からもわかるとおり氷川神社と大宮公園は隣接しています。また、氷川神社と大宮公園は駅からも徒歩圏内で歩いて巡ることができます。

大宮の紅葉スポットとして有名な氷川神社と大宮公園は、散策をしながら楽しむのが何よりのおすすめです。

それでは、氷川神社・大宮公園のそれぞれの特徴をご紹介していきます。

氷川神社とは

秋の紅葉が美しい氷川神社
大宮にある氷川神社は武蔵国(現在の東京都と埼玉県)にある約200の氷川神社の総本社とされています。そのため大宮の氷川神社は武蔵国の一宮ともいわれています。

また地名の由来も「大いなる宮居」が転じて大宮になったということで、今でもさいたま市よりも旧名の大宮市に愛着を持つ人も多いようです。

そういえば、大宮に住む友人との会話の中で「家の近所の一宮」という言葉がよく出ていましたが、その一宮こそ氷川神社になります。

なお、氷川神社は初詣に訪ねる人の多さでは全国でベスト10の常連になっています。

さて、氷川神社へのアクセスで一番わかりやすいのは大宮駅下車です。

大宮駅から徒歩で15分と若干の距離がありますが、大宮駅東口から駅を背にしてしばらく歩くと氷川神社の参道にたどり着きます。

氷川神社の参道は距離が長いことでも知られていますが、とてもよく整備されているため安心して氷川神社に向かうことができます。

氷川神社の境内は広くあちこちで紅葉や銀杏の紅葉を見ることができます。氷川神社の中のさまざまな建造物や、池の周辺に紅葉や黄葉を見かけることができるので、散策もおすすめですが合わせて美しい写真を撮ることもできます。

大宮公園とは

晩秋の大宮公園
大宮公園は元々は氷川神社の境内地の一部ですが、明治31年に県営の公園になり現在に至っています。

埼玉県内でも有数の繁華街である大宮にありながら、大規模で自然も十分に残されていることから、とりわけ人気のある公園として知られています。

氷川神社に隣接する大宮公園。そのため氷川神社で紅葉を楽しみながら歩いているといつの間にか大宮公園に入っていた。そんな感じです。

大宮公園では各所で紅葉が楽しめますが、とりわけ人気のあるのは氷川神社に隣接する日本庭園と、公園の中では北西部に位置する舟遊池です。

日本庭園にはもみじが植栽され紅葉の季節は特に美しく、池の周辺の紅葉する樹木からはらはらと水面に落ちる葉はとても風情があります。

また、大宮公園はとりわけ人気がある紅葉スポットなので、時期になると多くの人が三脚を持ち撮影に訪れる場所として知られています。

なお、大宮公園の北側に「歴史と民族の博物館」がありますが、その横を通り抜けると大宮公園の出口。そこから約5分で東武アーバンパークラインの大宮公園駅に到着します。

まとめ

大宮の紅葉スポットということで、氷川神社と大宮公園の2つをご紹介してきました。それでは、記事の最後にタイプ別のモデルコースをご紹介したいと思います。

散策を楽しみたい・デートコースとして考えたい場合

散策を楽しみたい人やデートコースとして考えたい場合のモデルコースは、やはり氷川神社と大宮公園の2か所を巡るプランです。

順路も今回ご紹介したとおりで、大宮駅から氷川神社の参道を通り、氷川神社から大宮公園に向かい、最後は大宮公園駅より帰路につくというコースです。

コースの距離は約4㎞程度。もちろん巡り方によってはもっと歩く距離が増えます。

基本的な順路は氷川神社が先で、大宮公園は後になります。ただし、合わせて食事もしたい場合は少し考える余地があるかもしれません。

大宮駅の近くにはたくさんの飲食店がありますが、大宮公園駅は住宅街の中にあるのであまり飲食店はありません。

食事をしてから歩きたいという方は氷川神社⇒大宮公園で良いかもしれませんが、散策の後で食事をしたい場合は逆もありだと思います。

何れにしても急いで楽しむような場所ではないので、時間に余裕があるときに散策を楽しむのがおすすめです。

家族で楽しみたい場合

お子様が小さいけれど紅葉を見たい。こうしたご家族におすすめなのは大宮公園です。

大宮公園は紅葉や黄葉だけでなく、小さいながらも動物園や児童遊園地もあります。また、お子様が歴史好きな場合は「歴史と民族の博物館」もあります。

公園内にはシートを敷ける場所もたくさんあるのでお弁当を持っていけば1日楽しく過ごすことができそうです。

さいごに

この記事では大宮の紅葉スポットということで氷川神社と大宮公園をご紹介してきました。

何れの場所にも有料駐車場はありますが、周辺道路が混雑していたり、狭い道路もたくさんあります。

平日ならば問題はありませんが、特に土曜日・日曜日・祝日などは行きつくまでにストレスがたまりそうです。

一方、氷川神社も大宮公園も駅から容易に行ける場所にありますし、大宮駅周辺には散策以外に楽しめるスポットもたくさんあります。そんなことから今回は電車で行く方法をお伝えしてきました。

大宮公園は春の桜が有名ですが、秋の紅葉も存分に楽しめます。紅葉を楽しみたい方は、ぜひ、大宮の2つのスポットを訪ねてみてください。