埼玉県の花の名所

新座市のひまわり畑とは!本多の森お花畑は夏も楽しめる憩いの場所

サンリッチオレンジのひまわり

この記事では、埼玉県新座市のひまわり畑の見ごろの時期やアクセス、特長などについてお伝えをしていきます。

新座市のひまわり畑がある場所は、新座市総合運動公園です。

新座市総合運動公園は、陸上競技場・野球場・マレットゴルフ場などが整備された大きな公園ですが、その一角にあるのが「本多の森お花畑」です。

本多の森お花畑の広さは約3,000㎡。

春には菜の花、夏にはひまわりを楽しむことができます。

春の菜の花の時期には「すぐそこ新座”春まつり 」というイベントが開催され、多くの人で賑わいを見せます。

一方、夏のひまわりの時期には、そうした特別のイベントはありません。

言い換えると、新座市のひまわり畑に一度にたくさんの人が訪ねることはありません。

でも、目の前にはたくさんのひまわりが咲き誇っています。

本多の森お花畑は春のイベントが有名だけど、夏も楽しめる憩いの場所と言えそうです。

新座市のひまわり畑の見ごろの時期

その年の天候によって若干のずれはありますが、新座市のひまわり畑の見ごろの時期は8月上旬から8月下旬までです。

特にお盆の時期は見ごろの可能性が高いので、この時期に訪ねるのがおすすめです。

なお、本多の森お花畑は新座市総合運動公園内にあるので、開園日も新座市総合運動公園に準じています。

 
開園日火曜日~日曜日
開園時間午前8時30分~午後5時

新座市のひまわり畑へのアクセス(バス)

サンリッチオレンジのひまわり
新座市のひまわり畑へはバスで行くのが一般的です。

この場合、東武東上線朝霞台駅南口又は西武池袋線東久留米駅東口からバスで向かうことになります。

東武東上線朝霞台駅南口から行く場合

朝霞台駅南口から西武バスで「東久留米駅東口」行き又は「新座営業所」行きに乗車。

「市民総合体育館入口」で下車、バス停より徒歩10分。

西武池袋線東久留米駅東口から行く場合

西武池袋線東久留米駅東口から西武バスで「新座駅南口」行き又は「朝霞台駅南口」行きに乗車。

「市民総合体育館入口」で下車、バス停より徒歩10分。

新座市のひまわり畑へのアクセス(車)

関越自動車道「所沢」ICより約15分。

駐車場は 新座市総合運動公園の無料駐車場(123台)を利用します。

所在地 埼玉県新座市本多2-8-16

新座市のひまわり畑(本多の森お花畑)の特長

本多の森お花畑の広さは約3,000㎡。敷地には、約2万本のひまわりが咲き誇っています。

本多の森お花畑のひまわりは市民ボランティアの方々が丹精を込めて育てたもので、成長したひまわりには福島県の復興の願いが込められています。

新座市のひまわり畑に植えられているのは、春りん蔵(はるりんぞう)とサンリッチオレンジ。

その中で、春りん蔵は食用種のひまわりで、収穫されたひまわりの種は福島県のNPO法人に届けられ、ひまわり油に加工され製品化されています。

サンリッチオレンジ

サンリッチオレンジは草丈が150㎝程度。花芯は黒っぽい色で、花弁は濃いオレンジ色で、美しい花を咲かせます。

また、サンリッチオレンジは種をまいてから約2か月で開花し、1本立ちをするので、鑑賞用に群生させることが多い品種です。

春りん蔵

春りん蔵は180㎝程度まで成長をします。

開花して約40日以上経過したひまわりの花首の部分をカット・乾燥させて搾油します。

まとめ

サンリッチオレンジのひまわり
この記事では、埼玉県新座市のひまわり畑の見ごろの時期やアクセス、特長などについてお伝えをしてきました。

春の菜の花の時期と異なり、夏のひまわりの時期に特別のイベントはないようです。

もっとも広い敷地に、たくさんのひまわりの花が咲き誇る景色は圧巻です。

特別のイベントがないからこそ埼玉県新座市のひまわり畑は、ゆっくりとひまわりを鑑賞できる花の名所と言えるのではないでしょうか。

私も何回か本多の森お花畑を訪ねたことがありますが、気分転換をするにはうってつけの場所です。