関東の花の名所とイベントなどを中心にご案内をしています

江月水仙ロードで開催される2017年-2018年の水仙まつり

はじめに

2017年から2018年にかけて、江月水仙ロードで開催される水仙まつりをご紹介します。

ところで、江月とはどこでしょうか。

江月は、千葉県安房郡鋸南町江月地先に位置しています。

関東の中でも房総半島は温暖な地として知られていますが、鋸南町があるのは標高約330mの鋸山の麓。

昔から鋸山を越えると肌着が1枚いらないと言われていたそうですが、温暖な房総半島の中でも鋸南町は特に温暖な地と言われています。

冬でも温暖な鋸南町で有名なのは江月水仙ロード。

そして水仙の花が最盛期を迎えるころに開催されるのが水仙まつりです。

では、2017年-2018年の江月水仙ロードの水仙まつりは、いつからいつまで開催されるのでしょうか。

2018年の水仙まつりは、

2017年12月16日(土曜日)から、

2018年2月4日(日曜日)まで

の日程で開催をされます。

スポンサードリンク


江月水仙ロードとは



江月での水仙栽培の歴史は古く、江戸時代末期には水仙が栽培され、観賞用として江戸に運ばれていたと伝えられています。

また、房総半島は早春の花作りで有名な場所ですが、そのきっかけとなったのが江月の水仙栽培とも言われています。

現在でも水仙の栽培は盛んに行われていて、越前、淡路とともに日本水仙三大群生地の一つに数えられています。

江月水仙ロードとは、江月地区にある約3kmの町道のこと。

この町道の両側に水仙が咲き誇っています。

江月水仙ロードは片道で約3kmということですから、歩くと40分程度。往復すると1時間半程度はかかります。

それでも、鋸南町は温暖な地。季節は真冬の時期ですが、水仙まつりの期間中は多くのハイカーや観光客で賑わっています。

なお、江月水仙ロードの水仙まつりで沿道に咲いている水仙は、出荷の時期を過ぎたものです。

しかし、鑑賞をする分には申し分なく、背丈が比較的高く、香り豊かで可憐な水仙の花を楽しむことができます。

なお、水仙まつりの期間中は沿道の農家の農産物や水仙の特売などを楽しむこともできます。

スポンサードリンク


江月水仙ロードの水仙まつりの料金やアクセス

江月水仙ロードは町道です。

きちんと整備をされていますが町道なので、水仙まつりの期間中であっても入場料等は必要ありません。

次にアクセスです。

電車を利用する場合は、JR内房線保田駅から水仙ロード入口まで徒歩15分。

車を利用する場合は、富津館山道路鋸南保田ICを下りて数分で水仙まつり臨時駐車場(駐車台数160台)へ到着です。

江月水仙ロードの所在地 千葉県鋸南町江月448周辺


さいごに

江月水仙ロードで開催される2017年-2018年の水仙まつりをご紹介してきました。

水仙まつりで楽しむ花は、もちろん水仙です。

もっとも鋸南町は温暖な地なので、水仙だけでなく菜の花など春の花も数多く咲いています。

また、近くには鋸山などの観光名所もあり、海の近くなので海の幸も思う存分楽しむことができます。

江月水仙ロードの水仙だけでなく、数多くの楽しみがあるのが鋸南町の魅力です。

スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション

アーカイブ