関東の花の名所とイベントなどを中心にご案内をしています

房総の花摘みの時期や花の種類などをご案内します

はじめに

房総の花摘みの時期や花の種類をご案内します。

1年の中でもっとも寒いのが、1月の中旬頃から2月の中旬頃まで。

そんな季節の中で、テレビで必ず紹介されるのが房総のお花畑と花摘みです。

房総のお花畑と花摘みが紹介されているのは関東地方だけなのかもしれませんが、房総のお花畑の風景や花摘みをする人が画面に映ると、間もなく来る春への期待が膨らんできます。

まさに房総の花摘みは春の訪れを知らせてくれる風物詩です。

ところで、テレビで房総の花摘みが紹介されるのは1月中旬頃からです。

では、房総で花摘みができる時期は1月中旬頃からなのでしょうか。

私自身、すでに10年以上、房総の花摘みを楽しんでいます。

そのような経験を交えて、房総で花摘みのできる時期のいつからいつまで、花摘みができる花の種類などをご紹介したいと思います。

房総の花摘みの時期とは

テレビなどで取り上げられる房総の花摘みの時期は概ね1月中旬頃です。

しかし、房総の花摘みができる時期の「いつから」はもう少し早く、12月中には花摘みができる場所もあるようです。

一方、房総の花摘みの終わりの時期の「いつまで」はGW頃まで。

その年の天候によって違いはあるものの、房総の花摘みの時期のいつからいつまでは、思いの他、長いようです。

もっとも、ここで書いたいつからいつまでという時期は、最も期間を長くとったものです。

房総の花摘みにもベストシーズンがあります。

房総の花摘みの最盛期の時期はもう少し絞った方が良いかもしれません。

房総の花摘みの時期のベストシーズンを考える上で、2つ考えておきたい要素があります。

一つは花の種類で、もう一つは花摘みの場所です。

スポンサードリンク


花の種類で考える花摘みの時期



房総ではたくさんの種類の花が栽培されていますが、ここでは花摘みのために栽培されている代表的な花をご紹介します。

房総でできる花摘みの花の種類としては、菜の花、ストック、ポピー、スターチス、金魚草、キンセンカ、ベニジューム、矢車草などがあげられます。

ここであげた花の順番は、概ねですが花の咲く順番です。

たとえば、菜の花、ストック、ポピーなどは前年の12月と早い持期から花摘みを楽しむことができます。

一方、ベニジュームや矢車草などの花摘みは3月頃からでしょうか。

そのため、菜の花、ストック、ポピーなどの花摘みはできても、ベニジュームや矢車草はまだ花が咲いていなかった。

逆にベニジュームや矢車草の花摘みはできたが、菜の花、ストック、ポピーなどは花摘みの時期が過ぎてしまっていた。

このようなことは普通にありますので、この花の花摘みをしたいと目的のある場合は、訪れる時期を考える必要がありそうです。

スポンサードリンク


花摘みの場所で考える花摘みの時期

房総で花摘みのできる場所。

もっとも盛んなのは南房総一帯。

具体的には、館山市と千倉町(南房総市千倉町)です。

もちろん、房総の他の場所でも花摘みのできる場所はたくさんあります。

ただ、花摘みのできる場所が特に密集しているのは、館山市と千倉町ではないでしょうか。

地理的に見ると、館山市が房総半島の最南端にあり、千倉町は館山市の北側、外房の海沿いにある町です。

館山市と千倉町は地理的に遠く離れた場所にあるわけではありません。

ただ、これは個人的見解ですが、花の咲く時期は館山市が早く、千倉町は少し遅い、そんな気がします。

ところで、千倉町には花摘みができる代表的な場所が3つあります。

南からご紹介すると、白間津のお花畑、大川のお花畑、千田のお花畑です。

1月中旬頃にテレビで紹介されるのは、この中で一番南に位置する白間津のお花畑が多いようですです。

また、春たけなわになり紹介されるお花畑としてよく映し出されるのが千田のお花畑です。

千倉町は決して大きな町ではありませんが、南北に広がりを見せる町です。

白間津のお花畑は、海から少し離れた高台に位置します。

一方、千田のお花畑は道の向こうには、外房の海の景色が楽しめる「道の駅 潮風王国」があります。

千田のお花畑は、海にほど近い低地にあります。

千倉町が南北に長いためなのか。

あるいは、お花畑のある場所の高低差によるものなのか。

何が原因かわかりませんが、花摘みのできる時期は白間津のお花畑が早く、千田のお花畑が遅いように思われます。

私自身、過去に何回も千倉町を訪ねています。

1月~3月に行ったこともあれば、GWの少し前、あるいはGW中に訪れたこともあります。

1月~3月に行くと白間津のお花畑は花摘みをする人で賑わっていますが、千田のお花畑はそれほど花が咲いていない。

一方、GWの少し前、あるいはGW中の場合は、既に白間津のお花畑の花摘みは終了。

また、千田のお花畑では、GWの少し前は多くのお花畑で花摘みができたのに対して、GW中に訪れたときはほとんど終っていて、花摘みのできる場所を探すのに少し苦労した記憶があります。

もちろん、年によっても、場所によっても多少の誤差はあるでしょうが、早い時期に行くのであれば南房総一帯でもより南、少し遅く行くのであれば南房総一帯の北。

房総の花摘みの時期については、このように考えておくのが無難なようです。

館山・南房総市周辺図


まとめ



房総の花摘みの時期のいつからは12月または1月から、いつまではGW頃まで。

花摘みのできる時期の長いのが房総の花摘みの特徴です。

でも、これは花摘みの時期を最大限長く考えたもの。

花摘みの最盛期は、もう少し時期を狭めておきたいものです。

ここで考えておきたい要素は、花の種類と花摘みの出来る場所です。

折角、花摘みに行くのであればたくさんの種類の花に会いたいでしょうし、お花畑も複数の場所を訪ねたいものです。

そうなると、房総の花摘みの時期はもう少し狭まります。

房総の花摘みの時期に「ベストシーズン」という要素を加えるのであれば、いつからは2月中旬頃から、いつまでは3月中旬頃まで。

この範囲についても年によって多少のずれはありますが、房総の花摘みの時期のベストシーズンは2月中旬から3月中旬までとしておきたいと思います。

スポンサードリンク

ナビゲーション

アーカイブ