関東の花の名所とイベントなどを中心にご案内をしています

2017年のもみじロードふれあいウォークと山中もみじ祭り

はじめに

もみじロードの紅葉を楽しむ、2017年のもみじロードふれあいウォークと、山中もみじ祭りについて、ご紹介をしていきます。

もみじロードとは、どこにあるのか。

もみじロードでは、どのような紅葉が楽しめるのか。

もみじロードには、どのようにアクセスをするのか。

そして、もみじロードで開催をされる、2017年のもみじロードふれあいウォークと、山中もみじ祭りの開催期間など、ご案内をさせていただきます。

もみじロードはどこにあるの

もみじロードがあるのは、千葉県富津市です。

富津市の志駒川沿いにある県道182号線がもみじロードです。

もみじロードは正式名称ではありませんが、千葉県富津市内の志駒川沿いにある県道182号線のうち約10kmが通称もみじロードとして知られています。

もみじロード周辺図


もみじロードの紅葉とは

もみじロードの長さは約10㎞で、この区間に約1000本のもみじが植えられています。

千葉県内の紅葉と言えば養老渓谷が有名ですが、もみじロードの紅葉も紅葉狩りの名所として知られています。

スポンサードリンク


もみじロードふれあいウォークと山中もみじ祭りの期間

もみじロードを会場として例年開催されるのが「もみじロードふれあいウォーク」と「山中もみじ祭り」です。

もみじロードの紅葉を楽しめる期間は、11月下旬から12月上旬にかけて。

この時期に、もみじロードふれあいウォークと、山中もみじ祭りが開催されます。

では、2017年のもみじロードふれあいウォークと、山中もみじ祭りの開催期間は、いつからいつまででしょうか。

2017年のもみじロードふれあいウォークと山中もみじ祭りは、

2017年11月26日(日)から

2017年12月3日(日)まで

の予定で開催されます。

もみじロードの中でも、もみじロードふれあいウォークと、山中もみじ祭りは会場が異なりますが、開催期間は同じようです。

もみじロードへのアクセス

県道182号線のうち約10kmの通称「もみじロード」のうち、北側で開催されるのがもみじロードふれあいウォーク、南側で開催されるのが山中もみじ祭りです。

ところで、県道182号線は南北を走る道路で、同じく南北を走る館山自動車道の東側に位置しています。

したがって、県道182号線へのアクセスは館山自動車道の利用が便利ということになります。

館山自動車道の富津中央ICで降りると約12㎞で、もみじロードの北側に到着します。

もみじロードの北側で開催される、もみじロードふれあいウォークへのアクセスは、こちらが便利です。

館山自動車道をもう少し南下し鋸南保田ICで降りると約7㎞で、もみじロードの南側に到着します。

もみじロードの南側で開催される、山中もみじ祭りへのアクセスは、こちらが便利です。

どちらを利用しても、もみじロードに行くことはできますが、富津中央ICからは12㎞あり、いくつかの左折や右折がある。

一方、鋸南保田ICからは約7㎞で、道もそれほど複雑ではありません。

車の運転にあまり自身がない方は、鋸南保田ICからのアクセスがおすすめかもしれません。

スポンサードリンク


もみじロードふれあいウォーク【志駒地区】

もみじロードの北側にある志駒地区で開催されるのが、もみじロードふれあいウォークです。

志駒地区の距離は約3㎞です。

志駒地区の中でも特に紅葉が楽しめるポイントをご紹介すると

北から

・ 船戸橋周辺

・ 中郷花壇前

・ 観音堂イチョウ

・ 地蔵堂の滝

などがあります。

観音堂イチョウは黄葉、その他の地域は紅葉が中心となります。

志駒地区の中には数か所の駐車場があります。

特に駐車台数が多いのは、志駒地区の中でも南に位置する旧環南小学校で約200台の駐車スペースが設置されています。

また、志駒地区で一番南に位置する地蔵堂の滝近くの上郷公会堂では、土曜日・日曜日・祝日などに模擬店が開催されることもあるようです。

志駒地区の中で、散策しながら紅葉を楽しみたいという方は、志駒地区の南側にある旧環南小学校に車を止めて散策に出かけるのが便利かもしれません。

山中もみじ祭り【山中地区】

もみじロードの南側にある山中地区で開催されるのが、山中もみじ祭りです。

山中地区の距離は約1.3㎞㎞です。

山中地区の中でも特に紅葉が楽しめるポイントをご紹介すると

北から

・ 山中県道脇

・ 山中区公民館前

・ 山中区公民館~竹之内米店前

山中地区の駐車場としては山中区公民館前。

また竹之内米店前にも約10台が駐車できる臨時駐車場が設けられます。

ただし、山中区公民館前の駐車場は土曜日・日曜日・祝日限定です。

館山自動車道の鋸南保田ICからアクセスした人がもみじロードに到着して、最初に楽しめるのが山中地区の紅葉です。

散策を楽しみたいという方は、まず山中地区の状況を見て駐車ができないようであれば、もみじロード北側の志駒地区へ行くのが良いかもしれません。

まとめ



もみじロードの紅葉を楽しむということで、2017年のもみじロードふれあいウォークや山中もみじ祭りの開催期間やアクセスなどについて、ご紹介をしてきました。

もみじロードは、千葉県では養老渓谷と並ぶ紅葉の名所として知られています。

ただ、養老渓谷よりは混雑の度合いが少ないと言われています。

もみじロードは、県道182号線沿いの紅葉を楽しむものです。

県道182号線は比較的広いので、散策をしなくても車の車窓からの紅葉を楽しむことができます。

また、距離も10km程度はありますので、ドライブしながらでも十分に楽しむことができます。

紅葉は見たいけど散策は難しいという高齢の方などでも、もみじロードであれば紅葉を楽しむことができます。

また、バイクのツーリングなどでももみじロードは人気の高いコースとなっているようですし、それほどの高低差がない道路なのでサイクリングで行く人も多いようです。

もちろん散策する人も十分に楽しむことができます。

駐車場に車を停めて、滝を見たり、志駒川に下りて紅葉を見たり、模擬店をのぞいて見たり、たくさんの楽しみがありそうです。

のんびりと紅葉狩りを楽しみたいという方にとって、もみじロードはおすすめの場所です。

スポンサードリンク

関連記事

ナビゲーション