大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

黒田官兵衛

宇都宮鎮房(うつのみやしげふさ)を黒田官兵衛と黒田長政が謀殺 大河ドラマではどのように描かれるのか

軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛がいよいよ軍師らしさを発揮してきました。 また、黒田官兵衛の嫡男である黒田長政も少しずつですが存在感を発揮しつつあります。 黒田官兵衛は軍師。 戦いにおける策略家です。 ただ、策略家の中にあっては、むしろ善人、そうした評価も定着しているようで…

黒田熊之助は黒田官兵衛の次男で黒田長政の弟だが元服前に亡くなる

軍師官兵衛も後半に入り、黒田官兵衛の軍師らしさがいかんなく発揮されています。 そんな中で登場をするのが黒田熊之助。 黒田熊之助は黒田官兵衛の次男で黒田長政の弟ということになります。 軍師官兵衛の中ではまだ生まれたばかりの赤ちゃんとして登場をしていますが、黒田熊之助とはどのような人物…

寺尾聡演じる徳川家康は黒田官兵衛を軍師にする

2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」も後半に入り、大物の登場人物も入れ替わりがでてきました。 1582年6月の本能寺の変。 明智光秀に謀叛を起こされた織田信長はここで自害して果てますが、本能寺の変を契機に、織田信長に代わって天下人を目指した人物は少なくとも2人はいます。 その一人は…

高畑充希が演じる糸姫は黒田長政の最初の正室となるが離縁される

軍師官兵衛も後半に差し掛かり、新しい人物が次々と登場しています。 黒田官兵衛の嫡男である黒田長政も元服し、その黒田長政を松坂桃李が演じていますが、黒田長政が元服後、正室として迎えたのが高畑充希(たかはたみつき)演じる糸姫になります。 糸姫は軍師官兵衛ではピエール瀧が演じる蜂須賀小六の娘で…

黒田官兵衛が有岡城の戦いで荒木村重に幽閉され人生最大の危機を迎える

今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」では黒田官兵衛の生涯を描いていますが、その黒田官兵衛の一生の中で、間もなく人生最大の危機を迎えようとしています。 その人生最大の危機とは、有岡城の戦い。 有岡城の戦いは、荒木村重が主君の織田信長に対し謀叛して起こした戦いです。 このとき、黒田官兵衛は荒…

軍師官兵衛視聴率低迷の理由は黒田官兵衛演じる岡田准一にあり

「軍師官兵衛視聴率低迷の理由は黒田官兵衛演じる岡田准一にあり」、ちょっと刺激的なタイトルですね。 ここでは、まず今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の視聴率について振り返ってみたいと思います。 2014年1月5日に始まった「軍師官兵衛」は、4月13日までに15回が放送されています。 初回…

生田斗真演じる高山右近は黒田官兵衛にも影響を及ぼしたキリシタン大名

織田信長の天下統一に大きな壁となったのは武田氏や上杉氏などの戦国大名だけではありません。 本願寺に代表される日本の古来からの宗教も織田信長の前に立ちはだかっています。 一方、宗教といえばキリスト教もこの時期より少し前には日本に入り、布教活動も盛んにおこなわれています。 日本の古来か…

谷原章介演じる竹中半兵衛 両兵衛と讃えられた軍師が黒田家を救う

軍師官兵衛では、谷原章介演じる竹中半兵衛がいよいよドラマの舞台の中央に進出してきました。 羽柴秀吉の家臣、そして軍師として、竹中半兵衛と黒田官兵衛は両兵衛と讃えられます。 しかし、この2人はそれだけではなく、軍師官兵衛の中では、間もなく竹中半兵衛は黒田官兵衛の嫡男である後の黒田長政を助け…

竹中直人演じる羽柴秀吉は黒田官兵衛の人生に大きな影響を及ぼす

今年の大河ドラマの軍師官兵衛。 ここまでは、軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛の人生が急ピッチで描かれてきました。 黒田官兵衛は57歳で生涯を終えます。 そして、現在、軍師官兵衛での黒田官兵衛は29歳頃。 あっという間に約30年が経過していますが、それは黒田官兵衛がこれから世…

中谷美紀演じる光(てる)は明るく黒田家を支える

意外なことですが、中谷美紀は大河ドラマ初出演。 これだけ芸歴が長く、美人女優として有名、しかも目立ったスキャンダルもないのに、これまで大河ドラマに縁がなかったのは不思議です。 そんな中谷美紀が大河ドラマ「軍師官兵衛」に初出演。 しかもその役割はとても重要です。 中谷美紀が軍師…

スポンサードリンク