大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

ダルビッシュ有がノーヒットノーランを逃すも3勝目に価値あり

レンジャーズのダルビッシュ有投手が現地時間で5月9日のレッドソックス戦に登板。 結果としては、8対0のスコアで3勝目をあげています。 ダルビッシュ有投手は勝ち星を挙げることができましたが、その勝利よりもある記録を逃したことで残念がられています。 というのも、ダルビッシュ有投手は9回…

巨人の橋本到が登録抹消も亀井善行が実戦復帰へ 大田泰示の頑張りにも期待

2014年シーズン、巨人は巨大戦力で優勝候補筆頭と目されていましたが、すべてに万全というわけではありませんでした。 巨人の守備に関していえば、もっとも心配されていたのはセンター。 原監督自身もセンターについてはレギュラーがいないことを嘆いていました。 それは、実績のあった亀井善行選…

黒田官兵衛が有岡城の戦いで荒木村重に幽閉され人生最大の危機を迎える

今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」では黒田官兵衛の生涯を描いていますが、その黒田官兵衛の一生の中で、間もなく人生最大の危機を迎えようとしています。 その人生最大の危機とは、有岡城の戦い。 有岡城の戦いは、荒木村重が主君の織田信長に対し謀叛して起こした戦いです。 このとき、黒田官兵衛は荒…

DeNAの中村紀洋が懲罰降格、その理由がわからない選手は不要か?

DeNAの中村紀洋選手が懲罰降格で2軍行きが決まりました。 その理由はDeNAによれば、チーム方針に従わない言動があったからということで、今回の2軍降格が懲罰降格であったことも明らかにされましたが、具体的な発言そのものはははっきりとしないもやもやとした状況でした。 それが明らかになったの…

ヤクルトスワローズの小川泰弘が骨折で投手陣崩壊 最下位へ転落か

3月28日にペナントレースが開幕しましたが、1か月も経過しないうちに各チームの明暗がはっきりとしてきています。 その中で「暗」となっているのがヤクルトスワローズ。 4月21日現在でヤクルトは19試合を消化していますが、戦績は6勝13敗。 最下位は5勝14敗のDeNAベイスターズなの…

軍師官兵衛視聴率低迷の理由は黒田官兵衛演じる岡田准一にあり

「軍師官兵衛視聴率低迷の理由は黒田官兵衛演じる岡田准一にあり」、ちょっと刺激的なタイトルですね。 ここでは、まず今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の視聴率について振り返ってみたいと思います。 2014年1月5日に始まった「軍師官兵衛」は、4月13日までに15回が放送されています。 初回…

別所哲也演じる山中鹿之助は尼子家再興に尽くすも毛利氏に謀殺される

現在、軍師官兵衛で描かれているのは1577年頃。 羽柴秀吉は織田信長の命により播磨国に侵攻をしています。 播磨侵攻では、羽柴秀吉と黒田官兵衛の結びつきが深まっていますが、合わせて登場する重要人物が別所哲也演じる山中鹿之助です。 当時は終わりかけているとはいえ戦国時代。 いわゆ…

横浜DeNAベイスターズの黒羽根選手が骨折で正捕手が不在に

2014年のペナントレースは始まったばかりですが、すでに暗雲が立ち込めているチームもあるようです。 その一つに挙げられそうなのが、横浜DeNAベイスターズ。 横浜DeNAベイスターズは、これまで正捕手の活躍を見せていた黒羽根選手が右手骨折。 復帰までに約1か月はかかるということで、…

斎藤佑樹 先発失格で中継ぎ・リリーフに転向か 2014年4月

日本ハムの斎藤佑樹投手が苦境に立たされています。 2014年のペナントレースに入り、斎藤佑樹投手は先発として2試合に登板。 初戦は3月29日のオリックス戦。 このときは6回を投げるも自責点4で降板、負け投手になっています。 そして、斎藤佑樹投手にとっての2戦目の登板は4月10…

ラミレスが独立リーグBC群馬から西武へ移籍か 5番DHに期待

アレックス・ラミレス選手が今季から所属する独立リーグBC群馬から西武へ移籍する、そんな可能性がでてきました。 プロ野球はシーズンが始まったばかりですが、早くも明暗がくっきりと分かれてきています。 その暗に入ってしまっているのが西武です。 西武については昨年のペナントレースで第2位。…

スポンサードリンク