大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

NHK大河ドラマ

濱田岳演じる栗山善助とは

軍師官兵衛の第2回目で、黒田官兵衛の前で土下座をしてまで、黒田官兵衛の家臣になろうとした男、それが濱田岳演じる栗山善助です。 後世、黒田二十四騎の一人に数えられ、さらには黒田八虎の一人にもあげられるなど、黒田家にあって、なくてはならない武将になる栗山善助も最初は農民。 農民でありながらも…

永井大演じる母里武兵衛とは

軍師官兵衛では黒田官兵衛の若いころを描き、人質生活ながらも将来の家臣となる武将も登場を始めています。 その中で黒田官兵衛若き頃の側近中の側近といわれているのが、永井大演じる母里武兵衛です。 これまでもいくつものドラマで主演を演じている永井大だけに、永井大の出演も長く続くのかなと思っていた…

片岡鶴太郎演じる小寺政職(こでらまさもと)とは

2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」が始まり、早速、黒田官兵衛に縁の深い人物が続々と登場をしています。 その中で、異彩を放っているのが、片岡鶴太郎演じる小寺政職(こでらまさもと)です。 画面に登場する片岡鶴太郎は、片岡鶴太郎自身がメイクさんと相談して決めたということですが、赤鼻。 …

おたつを演じる南沢奈央とは

2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」は始まったばかり。 ということで物語も黒田官兵衛の幼少時から青年期あたりまでが描かれているところです。 ところで、軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛の初恋の相手として描かれているのが「おたつ」。 そのおたつを演じているのが南沢奈央です。 軍…

柴田恭兵演じる黒田職隆とは

いよいよ始まった2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」。 初回の視聴率は18・9%、20%に届かなかったことが話題を集めてはいますが、大河ドラマは1年間の長丁場。 軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛の知名度の低さが視聴率低迷の理由とも言われていますが、黒田官兵衛の周囲には織田信長、豊臣秀吉…

竜雷太演じる黒田重隆とは

2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」で、主人公となる黒田官兵衛の幼少期の人格形成に大きく寄与したのが、黒田官兵衛の祖父である黒田重隆です。 軍医官兵衛では、黒田重隆を竜雷太が演じますが、黒田重隆はどのような人物だったのでしょうか。 黒田重隆は黒田高政の子として、1508年に生まれ、156…

万吉を演じる若山耀人(わかやまきらと)とは 

2014年の大河ドラマは軍師官兵衛。 戦国時代を描く大河ドラマは久しぶりなので、始まる前からワクワクしています。 軍師官兵衛の主人公は黒田官兵衛。 その黒田官兵衛は1546年に生まれ、1604年で59歳の生涯を閉じます。 1年続く大河ドラマ、最初のころは成長する前の黒田官兵衛…

軍師官兵衛とは 黒田官兵衛の生きた時代

2014年のNHK大河ドラマは「軍師官兵衛」。 軍師官兵衛の主人公は黒田官兵衛。 その黒田官兵衛の生きた時代は、まさに戦国時代です。 ただし、戦国時代も終息に向かいつつあるところで、具体的には織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が活躍し、黒田官兵衛自身もこの3人とともに歩むことになります。…

大河ドラマ 軍師官兵衛 視聴率に期待

2014年の大河ドラマは「軍師官兵衛」、最近は大河ドラマの視聴率低迷がいわれていますが、今回は視聴率にも期待をしたいところです。 2012年の大河ドラマは平清盛。 平安時代末期の有名な武将が主人公ということもあり高い視聴率が期待されていましたが、画面の暗さ・汚さや、ストーリーの複雑さなど…

NHK大河ドラマ 八重の桜が最終回  

2013年のNHK大河ドラマ八重の桜がいよいよ最終回を迎えます。 主人公の八重は1845年生まれ、亡くなったのは1932年。 当時としては珍しく長命で、86歳の生涯を歩んでいます。 時代としては、江戸時代に生まれ、明治・大正を駆け抜け、昭和7年に安らかに激動の生涯を終わらせています…

スポンサードリンク