大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

軍師官兵衛

近藤芳正演じる柴田勝家は羽柴秀吉と対立して最期を迎える

現在、軍師官兵衛で描かれているのは1576年頃。 軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛が織田家、とりわけ織田家の中の羽柴秀吉と急接近する時期にあたっています。 また、その関係からか、織田家の重臣 柴田勝家が登場するシーンも多くなっています。 軍師官兵衛では近藤芳正が柴田勝家を演じていますが…

立川三貴演じる佐久間信盛は織田信長の重臣だが最後は追放される

天下布武の名のもとに急成長を遂げた織田信長。 織田信長は斬新な考え方で天下統一にまい進しますが、大きな特徴は能力のある人物を積極的に登用したことにあります。 羽柴秀吉を筆頭として、明智光秀、荒木村重、滝川一益などは、元々は織田信長の家臣ではありませんでしたが、それぞれその能力を買われ重用…

眞島秀和演じる本願寺顕如は織田信長天下統一の最大の敵

織田信長といえば、斉藤氏、浅井氏、朝倉氏、武田氏など戦国時代まで生き延びた有力大名を次々と滅ぼし、天下統一の目前で本能寺の変により横死したことはよく知られているところです。 織田信長自身は天下統一の前に亡くなりましたが、亡くなる数年前から中国の毛利氏を攻め、そして死の直前には四国の長曾我部氏を…

谷原章介演じる竹中半兵衛 両兵衛と讃えられた軍師が黒田家を救う

軍師官兵衛では、谷原章介演じる竹中半兵衛がいよいよドラマの舞台の中央に進出してきました。 羽柴秀吉の家臣、そして軍師として、竹中半兵衛と黒田官兵衛は両兵衛と讃えられます。 しかし、この2人はそれだけではなく、軍師官兵衛の中では、間もなく竹中半兵衛は黒田官兵衛の嫡男である後の黒田長政を助け…

竹中直人演じる羽柴秀吉は黒田官兵衛の人生に大きな影響を及ぼす

今年の大河ドラマの軍師官兵衛。 ここまでは、軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛の人生が急ピッチで描かれてきました。 黒田官兵衛は57歳で生涯を終えます。 そして、現在、軍師官兵衛での黒田官兵衛は29歳頃。 あっという間に約30年が経過していますが、それは黒田官兵衛がこれから世…

山路和弘演じる安国寺恵瓊は毛利家の外交僧として活躍

戦国時代の末期、彗星のように登場した尾張の織田信長は天下布武の名のもとに瞬く間に日本を平定していきます。 そして、その途中として行われたのが中国征伐。 現在の近畿地方まで勢力を伸ばしていた織田信長はさらに西国を目指します。 その西国で大きな勢力を誇っていたのが毛利家。 近畿の…

鶴見辰吾演じる小早川隆景は吉川元治と共に毛利の両川として毛利輝元を支える

軍師官兵衛ではいよいよ織田家と毛利家がぶつかろうとしています。 織田信長は日本統一のため毛利家の領地に侵攻し、毛利家は毛利の地位を確立した毛利元就の遺言により、自らの領地から踏み出すことなく守ろうとします。 その織田家と毛利家に挟まれたのが播磨。 播磨には一国を統治する大名がおらず…

桐谷美玲演じるだしは絶世の美女だが悲劇的な最期を迎える

軍師官兵衛にはすでに一度登場している荒木村重。 その荒木村重は織田信長に仕え、早くも実力を発揮しています。 あっという間に摂津の国を平定し、織田信長からその領有を認められます。 そして、軍師官兵衛では小寺家の一家臣に過ぎない黒田官兵衛が荒木村重を訪問し、旧交をあたためます。 …

高橋一生演じる井上九郎右衛門は黒田家4代に仕えた二番家老

黒田官兵衛と赤松政秀が戦った、青山・土器山の戦い。 結果的に黒田家の勝利で終わりますが、この戦いで黒田官兵衛は有能な家臣の多くを失います。 そこで、新たに家臣を召し抱えますが、その中の一人が高橋一生演じる井上九郎右衛門。 井上九郎右衛門は、1554年に生まれ、1634年に亡くなりま…

速水もこみち演じる母里太兵衛は槍の名手で黒田節のモデル

軍師官兵衛は2月2日に5回目までの放送が終了。 軍師官兵衛では黒田官兵衛の幼少期から描き始め、現段階では23歳頃でしょうか。 57歳頃で亡くなったと伝えられる黒田官兵衛の生涯が今のところはスピードを増して描かれています。 これは黒田官兵衛の生涯で特に後半生が重要だからということでし…

スポンサードリンク