大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

軍師官兵衛

市川由衣が宇都宮鎮房の娘お鶴(鶴姫)役で出演

大河ドラマ「軍師官兵衛」もいよいよ佳境に入り、黒田官兵衛の軍師らしさ、黒田長政の成長ぶりが描かれていますが、その黒田官兵衛、黒田長政にとって最大の汚点ともされているのが、宇都宮鎮房の謀殺です。 そして、宇都宮鎮房の娘として登場をするのが市川由衣(いちかわゆい)演じるお鶴(鶴姫)です。 黒…

吉本実憂(よしもとみゆ)演じる栄姫(えいひめ)は政略結婚で黒田長政の2番目の正室となる

軍師官兵衛では、主役の黒田官兵衛だけでなく、その嫡男である黒田長政の登場も増えてきています。 黒田官兵衛は戦国時代末期の軍師として有名ですが、むしろ江戸時代の黒田家の礎を築いたのは黒田長政。 黒田長政は、父である黒田官兵衛に比べたら知略は及ばず、むしろ武術に優れていたとも言われていますが…

二階堂ふみが演じる茶々(淀君)は豊臣秀吉の側室となり秀頼を産むも豊臣家を滅亡に導く

軍師官兵衛も後半に入り、新たな人物の登場も目立ってきています。 軍師官兵衛の前半は黒田官兵衛自身が地方の一武将にすぎなかったため、登場する人物も知名度の低い人が多かったようですが、後半の黒田官兵衛は天下取りの軍師。 黒田官兵衛が、羽柴秀吉改め豊臣秀吉に近い存在であったことも大きく影響して…

宇都宮鎮房(うつのみやしげふさ)を黒田官兵衛と黒田長政が謀殺 大河ドラマではどのように描かれるのか

軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛がいよいよ軍師らしさを発揮してきました。 また、黒田官兵衛の嫡男である黒田長政も少しずつですが存在感を発揮しつつあります。 黒田官兵衛は軍師。 戦いにおける策略家です。 ただ、策略家の中にあっては、むしろ善人、そうした評価も定着しているようで…

黒田熊之助は黒田官兵衛の次男で黒田長政の弟だが元服前に亡くなる

軍師官兵衛も後半に入り、黒田官兵衛の軍師らしさがいかんなく発揮されています。 そんな中で登場をするのが黒田熊之助。 黒田熊之助は黒田官兵衛の次男で黒田長政の弟ということになります。 軍師官兵衛の中ではまだ生まれたばかりの赤ちゃんとして登場をしていますが、黒田熊之助とはどのような人物…

内田恭子演じるお市の方は羽柴秀吉に攻められ自害する

岡田准一演じる黒田官兵衛。 軍師官兵衛が始まったころは、さわやかすぎて違和感もありましたが、ようやく軍師らしい狡猾さが見えてくるようになりました。 そんな黒田官兵衛がもっとも活躍するのが、本能寺の変が起こってから、羽柴秀吉が天下統一を成し遂げるまで。 この間は、黒田官兵衛が軍師らし…

寺尾聡演じる徳川家康は黒田官兵衛を軍師にする

2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」も後半に入り、大物の登場人物も入れ替わりがでてきました。 1582年6月の本能寺の変。 明智光秀に謀叛を起こされた織田信長はここで自害して果てますが、本能寺の変を契機に、織田信長に代わって天下人を目指した人物は少なくとも2人はいます。 その一人は…

宇梶剛士が演じる清水宗治は備中高松城の水攻めにあい切腹する

これまで軍師官兵衛の中では中心人物の一人として登場していた織田信長。 その織田信長の最期もすぐそこまで迫っているようです。 天下布武の名のもとに天下統一に突き進んでいた織田信長でしたが、少しずつその歯車が狂いだしてきています。 元より冷酷で残虐ということで、他の大名から恐れられてい…

高畑充希が演じる糸姫は黒田長政の最初の正室となるが離縁される

軍師官兵衛も後半に差し掛かり、新しい人物が次々と登場しています。 黒田官兵衛の嫡男である黒田長政も元服し、その黒田長政を松坂桃李が演じていますが、黒田長政が元服後、正室として迎えたのが高畑充希(たかはたみつき)演じる糸姫になります。 糸姫は軍師官兵衛ではピエール瀧が演じる蜂須賀小六の娘で…

松坂桃李が演じる黒田長政は初代福岡藩主となる

軍師官兵衛では後藤又兵衛とともに幼少期から出演しているのが松寿丸、後の黒田長政です。 松寿丸が元服して黒田長政を名乗ることになりますが、幼少期の松寿丸を秋元黎(あきもとれい)、少年期を若山耀人(わかやまきらと)、そして元服してからの黒田長政を松坂桃李(まつざかとおり)を演じることになります。 …

スポンサードリンク