大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

格闘技

井上尚弥とは 最速でWBC世界ライトフライ級王者になったボクサーの逸話

すごいプロボクサーが現れました。 その名前は、井上尚弥。 井上尚弥選手は4月6日にWBC世界ライトフライ級タイトルマッチで王者 アドリアン・エルナンデスと対戦。 見事、6回2分54秒TKO勝ちをおさめ、WBC世界ライトフライ級王者になっています。 ところで、井上尚弥選手は王者…

ビル・ロビンソン死去 国際・新日本・全日本に参戦したプロレス界の功労者

往年の名レスラー ビル・ロビンソン氏が死去しました。 享年75歳。 現役を引退して久しいとはいえ、日本プロレス界の功労者でもあったビル・ロビンソン氏の死去は、とても残念です。 ビル・ロビンソン氏は1938年生まれ。 イギリスのマンチェスター出身です。 最初、ビル・ロビン…

亀田ジム問題 処分で追放か 今後の三兄弟の行方も気になる

昨年の12月から注目を浴びていた亀田ジム問題。 どうやらJBC(日本ボクシングコミッション)での意見も集約され、亀田ジムの処分が決定されそうな気配が漂ってきました。 亀田ジムの処分の内容は日本のボクシング界からの追放。 果たして亀田ジムに所属の亀田三兄弟、三兄弟の今後はどうなるのか…

WBA世界ライトフライ級 井岡一翔VSアルバラードの結果

2013年12月31日、大みそかに開催されたのがWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ、チャンピオンの井岡一翔選手に挑んだのは、同級第3位のアルバラード選手です。 そして、井岡一翔選手VSアルバラード選手の試合結果は、井岡一翔選手の判定勝ち。 3対0の結果で、井岡一翔選手がWBA世界ライ…

中邑真輔VS棚橋弘至 IWGPインターコンチネンタル選手権勝敗予想

2014年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会。 好カードが目白押しですが、その中でも最終試合として行われるのが、IWGPインターコンチネンタル選手権、王者 中邑真輔選手に棚橋弘至選手が挑戦します。 では、IWGPインターコンチネンタル選手権どちらが勝利するでしょうか。 その勝敗…

オカダ・カズチカVS内藤哲也 IWGPヘビー級選手権勝敗予想

2014年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会。 今回の東京ドーム大会では、2つのメインイベントの試合が行われます。 その一つが、オカダ・カズチカVS内藤哲也のIWGPヘビー級選手権です。 そこで、このIWGPヘビー級選手権の勝敗予想をしてみました。 現在、IWGPヘビー級…

亀田興毅 スーパーフライ級転向の理由

ボクシングの亀田興毅選手が、現在保有するWBAバンタム級のタイトルを返上して、スーパーフライ級に転向することを表明しました。 では、どうして亀田興毅選手はバンタム級のタイトルを返上して、1階級下のスーパーフライ級に転向することを表明したのでしょうか。 その理由を考えてみました。 亀…

2014年1月4日新日本プロレス東京ドーム大会 最終試合が決定

2014年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会の最終試合が決定しました。 毎年、恒例の東京ドーム大会、今回も全部で10試合が開催されます。 ところで、今回の新日本プロレス東京ドーム大会、これまでと何が違うのかというと、メインイベントの試合が2試合あること。 そしてその2試合の順番…

八重樫東vsソーサ 試合が楽しみ

12月6日、東京の両国国技館でWBC世界フライ級タイトルマッチが行われます。 試合に臨むのは、WBC世界フライ級王者の八重樫東(やえがしあきら)選手と同級1位 エドガル・ソーサ選手です。 この試合は白熱した展開が予想され、かつ、どちらが勝ってもまったくおかしくはありません。 それだ…

亀田大毅 試合に負ける タイトル返上のすすめ

12月3日に行われた世界王座の統一戦。 試合の前から波乱万丈の様相を呈していましたが、結果も予想外。 そして出てきたのが、亀田大毅選手に対するタイトル返上のすすめです。 果たしてこれからどうなるのでしょうか。 まず、一連の流れを簡単にまとめると次のとおりです。 12月3…

スポンサードリンク