大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

福島リラとは 黒田家の侍女お道役として出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軍師官兵衛は戦国時代のドラマだけに、登場人物に合わせて、様々に個性ある俳優・女優が出演しています。

その中で、ある意味、異彩を放っているのが軍師官兵衛で黒田家の侍女として出演している福島リラです。

福島リラが演じているのは黒田家の侍女であり、一向宗を信仰するお道。

お道は黒田官兵衛の妻 光(てる)の侍女として登場しますが、織田信長と本願寺との戦いが始まるとともに、一向宗の信徒として黒田家を離れ、一向宗の信徒の中に身を投じます。

しかし、戦いに敗れ、けがをして黒田家に戻り、けがが癒えるとともに、行く当てもないのに再度黒田家を離れようとします。

ここで、お道を引きもどしたのが、栗山善助。

栗山善助はお道に好意を寄せていることを告げ、お道も栗山善助の好意に応えようとします。

ここまでが軍師官兵衛でのお道と栗山善助のラブストーリーです。

果たして、栗山善助とお道が結ばれたのかはわかりません。

お道のことを調べようとしても、栗山善助の名前はすぐに出てくるのに、栗山善助については正室や側室の名前について見つけることができません。

ただ、栗山善助の嫡男である栗山大膳が生まれたのは1591年。

軍師官兵衛でお道と栗山善助が描かれているのは1576年頃ですから、少なくともお道は栗山大膳の母ではないようです。

栗山家は栗山大膳の時代に黒田家を追放され流罪になっています。

そのため、一層のこと記録には残りにくかったのかもしれないですね。

ところで、お道を演じる福島リラは、思わぬところで話題になっています。

それはお道の風貌がなんとなく宇宙人をイメージさせるからのようです。

また、福島リラは研ナオコに似ているという人もいるようです。

確かに、福島リラの顔の形は逆三角形で、とりわけ顎が細いことから、誰もが見たことはないけれど、昔から描かれている宇宙人にそっくりと言われれば、確かにそんな風に見えなくもありません。

では、ネット上で宇宙人と話題になっている福島リラとはどのような女性なんでしょうか。

福島リラ、まず生年月日は非公開です。

2004年にニューヨークに渡っているということですから、仮にこの時に高校を卒業しているとしたら現在は28歳頃。

確かに見た感じは20代後半から30歳代前半、かなり個性的な顔立ちだけにわかりにくいですが年齢はそのあたりでしょうか。

2010年に帰国後は主にファッションモデルとして活動。

合わせて女優の勉強もし、2013年にはハリウッド映画「ウルヴァリン: SAMURAI」にも出演を果たしています。

モデルだけに身長も168センチとそこそこにあり、もちろんスタイルも抜群。

モデルには個性的な顔立ちの人が多いといわれていますか、福島リラもその例にもれません。

軍師官兵衛では時代劇らしく髪の毛を挙げていますが、そのため顔の輪郭がはっきりと表れて宇宙人とも言われていますが、もちろん本来は美形。

演技力はともかく顔立ちが個性的過ぎて、もしかしたら時代劇には合わないかもしれないですね。

お道は物語上の架空の人物と思われるだけに、これからどの程度の出演があるのかはわかりませんが、栗山善助とお道がどのようになるのか、正直、気になっています。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク