大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

生田斗真演じる高山右近は黒田官兵衛にも影響を及ぼしたキリシタン大名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

織田信長の天下統一に大きな壁となったのは武田氏や上杉氏などの戦国大名だけではありません。

本願寺に代表される日本の古来からの宗教も織田信長の前に立ちはだかっています。

一方、宗教といえばキリスト教もこの時期より少し前には日本に入り、布教活動も盛んにおこなわれています。

日本の古来からの宗教に対しては厳しい立場で臨んだ織田信長も、キリスト教に対しては貿易という視点もあったとはいえ比較的寛容な立場で臨んでいます。

キリスト教が広まるとともに登場したのが、いわゆるキリシタン大名。

そのキリシタン大名の代表格が生田斗真演じる高山右近です。

そして、生田斗真演じる高山右近は軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛の人生にも一時期大きな影響を及ぼします。

高山右近は1552年生まれ、生まれた場所は摂津の国です。

一方、亡くなったのは1615年、ただし亡くなった場所は日本ではなくマニラです。

そのようなことから高山右近は悲劇のキリシタン大名とも言われています。

高山右近は、高山庄を支配する国人の子として産まれます。

キリスト教の洗礼を受けたのは何と12歳、父の影響によるものです。

高山家は戦国時代にあって、当時、近畿地方で勢力を誇っていた三好氏につきますが、その後は和田氏の配下となり、さらには荒木村重の配下となります。

軍師官兵衛では高山右近演じる生田斗真の首筋に深い刀傷がありましたが、これは和田氏との抗争の中でできた傷で、この傷はかなり深く命さえ危ないといわれていましたが、どうにか回復。

深い傷が回復したのはキリスト教の賜物だと信じた高山右近はさらにキリスト教への帰依を深めていきます。

その後、荒木村重の織田信長に対する謀叛の際には荒木村重を説得。

しかし、その説得に失敗した高山右近は紙衣一枚という姿で織田信長に謁見。

高山右近が織田信長についたことなどにより、荒木村重の謀叛は失敗に終わります。

また、織田信長が本能寺の変で亡くなった後は、羽柴秀吉に味方。

キリシタン大名としての地位を確固としたものとし、あわせて大名に対しても布教活動を行うようになります。

この布教活動でキリシタン大名になった武将も複数いるようですが、その一人が黒田官兵衛。

黒田官兵衛は高山右近の影響を受け、一時期、キリシタン大名となっています。

しかし、天下を統一した豊臣秀吉は、一転してキリスト教を禁止して、キリシタン大名にも棄教を迫ります。

このとき、黒田官兵衛は真っ先に棄教をしますが、高山右近はこれを拒否して大名の地位を追われます。

豊臣秀吉が存命中は加賀の前田家の庇護を受け、徳川家康の時代になってもそれは続きましたが、1614年の徳川家康の国外追放令によって日本を去りマニラに赴きます。

マニラでは大歓迎を受けるも、環境の違いに順応できず、翌年、異国の地で生涯を閉じることになります。

黒田官兵衛が世を去るのは1604年。

高山右近が亡くなるよりずっと前のことなので、軍師官兵衛では高山右近の国外追放まで描かれることはないと思われます。

ただ、黒田官兵衛と高山右近が密接にかかわる時期があります。

それは黒田官兵衛が洗礼を受けてから棄教するまで。

生田斗真がそのあたりの心の喜びと悲しみをどのように表現していくのかが楽しみです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク