大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

巨人ドラフト1位の小林誠司  打撃は課題でも1軍での活躍を期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人からドラフト1位で指名された小林誠司選手。

小林誠司選手は、同志社大学、日本生命を経て巨人に入団。

年齢的にはもちろん即戦力ですが、ポジションは捕手。

巨人の大黒柱ともいえる阿部慎之助選手を超えなければ、レギュラーになることはできません。

また、阿部慎之助選手は、巨人にはなくてはならない選手なので、それを乗り越えることは容易ではありません。

巨人が小林誠司選手をドラフト1位で指名したのは、その阿部慎之助選手の後継者を育てるため。

また、捕手というポジションは一度レギュラーをつかんでしまえば、他のポジションよりも長くレギュラーでいられる可能性が高いポジション。

そんなことから年齢的には即戦力でも、育成に多少の時間をかけられる小林誠司選手をドラフトで1位指名したものと思われます。

もっとも、巨人で捕手という立場でありながら4番も打つ阿部慎之助選手。

そんな選手をとドラフトで探すのは不可能に近いものがあります。

そこで、巨人が選択したのが、捕手らしい捕手。

それが小林誠司選手です。

では、小林誠司選手とはどのような選手でしょうか。

小林誠司選手の最大の魅力は捕手としての守備力の高さにあるようです。

捕手としては、捕球がしっかりとしていて、肩も強い。

捕手としての基本的能力はかなり高いようです。

また、インサイドワークはわかりませんが、阿部慎之助選手の唯一の弱点といってもいいのがこのインサイドワーク。

インサイドワークを培うにはある程度の時間がかかるかもしれませんが、捕手そのものの能力は阿部慎之助選手を上回る可能性は十分にあります。

小林誠司選手の課題はやはり打撃でしょうか。

オープン戦では本塁打も放っている小林誠司選手ですが、この時期の打撃成績はそれほど参考になりません。

相手はプロの投手。

弱点を見極める能力もあるでしょうし、そうした情報はすべてのチームに伝わるはずです。

何より社会人時代も打順は下位ということですから、課題は打撃というのは間違いないところでしょうし、打撃はある程度先天的な要素もありますので、小林誠司選手に強打は期待できないかもしれないですね。

それでも、小林誠司選手には1軍での活躍を期待したいところです。

阿部慎之助選手ももうすぐ35歳。

捕手は長く務められるポジションとはいっても、年齢的にはベテランの域、しかも打線の中でも中軸を担っています。

正捕手は阿部慎之助選手、でも全試合に出場するのは厳しいようにも思われます。

たとえば勝ち試合での守備固め。

こうした場面ではいわゆる控え捕手の出番があります。

この控え捕手には、やはりベテランの實松一成選手が控えています。

實松一成選手も良い選手には違いありませんが、まずは實松一成選手を乗り越えてほしいところです。

先ほど、勝ち試合での控え捕手と書きましたが、それ以外の出場機会としては交流戦もあります。

交流戦でパ・リーグの主催試合はDH制で行われるので、阿部慎之助選手は指名打者に専念する可能性もあります。

試合数としてはたった12試合ですが、それでも小林誠司選手にとっては貴重な出場機会になるはずです。

打撃は課題でも守備は即戦力、ぜひとも1年目から1軍での活躍を期待したいところです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク