大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

鶴見辰吾演じる小早川隆景は吉川元治と共に毛利の両川として毛利輝元を支える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軍師官兵衛ではいよいよ織田家と毛利家がぶつかろうとしています。

織田信長は日本統一のため毛利家の領地に侵攻し、毛利家は毛利の地位を確立した毛利元就の遺言により、自らの領地から踏み出すことなく守ろうとします。

その織田家と毛利家に挟まれたのが播磨。

播磨には一国を統治する大名がおらず、小規模な豪族が割拠していました。

そのため、織田家も毛利家もそうした諸将をいかに味方に引き入れるのかが課題になっていました。

そこで登場するのが、鶴見辰吾演じる小早川隆景と吉川元治です。

小早川隆景と吉川元治は2人とも毛利元就の子です。

小早川隆景は毛利元就の三男、吉川元治は毛利元就の次男になります。

本家の毛利家は毛利元就の嫡男である毛利隆元が継ぎましたが、織田家が侵攻してくるこのころはすでに亡くなっていて、毛利家の当主は毛利隆元の嫡男でまだ若い毛利輝元が継いでいました。

毛利元就は毛利家の将来を考えたとき、本家を支える家を作っていく必要があると考え、次男の元治を吉川家の養子に送り込み、三男の隆景は小早川家に送り込みました。

吉川家も小早川家も、以前は毛利家より格上とされていましたが、権謀術策に長けていた毛利元就がいわば両家を乗っ取るような形で、毛利家を支える仕組みを作ったといわれています。

実際のところ、若い毛利輝元を鶴見辰吾演じる小早川隆景と吉川元治が支える形で毛利家は存続しており、小早川隆景と吉川元治は毛利の両川と讃えられていました。

ただ、この2人の性格は大きく異なります。

吉川元治は勇猛果敢な武将。

弟の小早川隆景は知将として知られていました。

現在の軍師官兵衛は、毛利家と織田家が衝突する直前という状況です。

したがって、織田信長を支持する黒田官兵衛と、毛利家を支える小早川隆景は敵対関係にあります。

しかし、この数年先、織田信長は本能寺の変で亡くなり、毛利家と織田家との対立関係はなくなり、その後、天下を取った豊臣秀吉に毛利家は臣従することになります。

現時点で黒田官兵衛と小早川隆景に接点はありませんが、豊臣秀吉の軍師である黒田官兵衛と、豊臣秀吉に臣従した毛利家の重臣である小早川隆景は、今後、接点を持つことになります。

2人とも武力よりも知力で知られた存在。

接点を持つにつれ、2人はお互いに認め合うようになります。

吉川元治と黒田官兵衛は、その個性がまったく異なることと、吉川元治自身が1586年に亡くなってしまっているため、あまり接点はないようです。

さらに吉川元治は豊臣秀吉を嫌っていたと伝えられ、本能寺の変があった1582年には早くも隠居しているので、吉川元治と黒田官兵衛にほとんど接点はなかったというのはどうやら史実のようです。

一方の小早川隆景は、吉川元治亡き後も、毛利の両川の一人として毛利家を支え続け、その過程で黒田官兵衛と知己を得ます。

残念なことに小早川隆景は1597年に亡くなります。

この年は豊臣秀吉が亡くなる1年前であり、関ヶ原の戦いの3年前になります。

小早川隆景は死に際して、毛利家の外交僧である安国寺恵瓊の言いなりになっていたら、毛利家はなくなってしまうと語っています。

事実、関ヶ原の合戦で安国寺恵瓊の策により石田三成の西軍についた毛利家は、戦後、あわや断絶の危機に直面をします。

どうにか断絶は免れた毛利家ですが、領地は大幅に減らされてしまいます。

安国寺恵瓊の策略に危機を感じていた小早川隆景、やはり知略に優れていたのではないでしょうか。

どうやら今後も軍師官兵衛における小早川隆景は重要な役割を果たしていくようです。

鶴見辰吾が、知将 小早川隆景をどのように演じていくのか、とても楽しみです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク