大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

田中将大 メジャー移籍と日本シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来シーズンはメジャー移籍が確実視されている楽天の田中将大投手。

そのメジャー移籍の前の大仕事が日本シリーズです。

既に田中将大投手は日本シリーズの第2戦に登板し勝利投手になっていますが、次回はどうでしょうか。

田中将大投手の今シーズンの成績は24勝0敗。

相手チームがどんなに研究しても、それでも攻略できなかったのが今年の田中将大投手です。

ただ、ここにきてその活躍ぶりに若干の暗雲が立ち込めているような気もします。

たとえば、田中将大投手はペナントレースやCSで楽天がリードする9回に登板。

1イニングを投げてセーブをあげています。

これは田中将大投手に対する星野監督のご褒美といわれていますが、果たして田中将大投手はこれを望んでいたのでしょうか。

田中将大投手は投手としての身体的能力の高さもさることながら、気持ちで投げるタイプです。

いつもはローテーションをきちんと守り、先発投手としてのこだわりを強く持っている投手です。

それがご褒美とはいえリリーフ投手。

果たして気持ちよく最終回のマウンドに立ったのか、ほんの少しですが疑問が残ります。

また、日本シリーズでは第1戦ではなく第2戦での先発。

星野監督は日本シリーズの第7戦まで戦うつもりというのがはっきりと見て取れます。

第1戦よりも、むしろ第2戦を重視しているのが明らかな采配です。

チームの戦術を考えたら田中将大投手の第2戦先発もありだとは思いますが、プライドの高い田中将大投手、やはり第1戦の先発のほうがよかったのではないでしょうか。

少なくとも第1戦の先発が田中将大投手であったとしても、どこからも不満は出なかったように思われます。

また、日本シリーズは確実に第7戦までが用意されているわけではありません。

第4戦~第6戦で日本シリーズが終了する可能性もありました。

第2戦で先発の田中将大投手は順当に考えたら次は第7戦の先発です。

でも第6戦までに日本シリーズが終了したら田中将大投手は1回だけの登板に終わる可能性もあります。

投手としてはまっすぐな性格の田中将大投手。

果たしてここまでの星野監督の采配に納得できているでしょうか。

メジャー志望が強く、実際にメジャー移籍が確実視されている田中将大投手。

田中将大投手は日本シリーズを楽天での最後の大仕事と考えているように見受けられますが、体調面はともかくとして、モチベーションが維持できているのかが気にかかっています。

今年の日本シリーズは星野監督のもくろみ通りもつれる気配を見せていますが、できればもう一度、メジャーに移籍する前の日本シリーズでの田中将大投手の雄姿を見てみたいものです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク