大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

巨人 セカンド片岡治大 ショート井端弘和の二遊間が楽しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年オフ、巨人の補強について多くの人が疑問を投げかけていました。

私自身もどうしてだろうと不思議な気持ちでいました。

それは、片岡治大選手と井端弘和選手の獲得です。

先に巨人に入団の決まったのが、中日に在籍していた井端弘和選手。

井端弘和選手は落合GMに投げ出されたような形で中日を退団し、巨人に入団をしてきました。

一方、西武に在籍していた片岡治大選手はFA宣言をして巨人に入団をしています。

巨人入団の経緯は異なるとはいえ、問題は2人の選手の守備が被るということでした。

井端弘和選手も片岡治大選手は守備は内野、井端弘和選手は主にショートとセカンド、片岡治大選手はセカンドを本職とする選手です。

もちろん層の厚い巨人のこと、ショート、セカンドが極端な人材不足であったわけではありません。

ショートにはレギュラーとして巨人生え抜きの坂本勇人選手がいますし、セカンドはレギュラーが固まっていないとはいえ、寺内崇幸選手、藤村大介選手、中井大介選手、脇谷亮太選手などが鎬を削っていました。

ただでさえ人材豊富な巨人内野陣、どうしてここに片岡治大選手や井端弘和選手を加える必要があるのか、結果的に宝の持ち腐れになるのではという批判もかなり多かったように思われます。

もっとも、この批判は時の経過とともに少し和らいでいます。

それは、前述の選手のうち、中井大介選手は外野にコンバート、脇谷亮太選手は西武へ移籍。

この結果、ショートのポジションは坂本勇人選手と井端弘和選手の争い、セカンドのポジションは寺内崇幸選手、藤村大介選手、そして片岡治大選手の争いという様相を呈してきました。

原監督は阿部慎之助選手を除けばすべてのポジションに関してレギュラーは未確定と語っていますが、特に巨人の二遊間についてその競争はかなり厳しくなるように思えます。

ただ、個人的に期待をしているのは、セカンド片岡治大、ショート井端弘和の二遊間、これはどうしても見てみたいという気持ちがあります。

巨人の場合、ウイークポイントの一つに挙げられているのがセカンド。

2013年シーズン、主にセカンドには寺内崇幸選手が入っています。

寺内崇幸選手は渋い打撃と堅実な守備が魅力の選手ですが、巨人のレギュラーとしては何か物足りないものを感じます。

そこにびったりとおさまりそうなのが片岡治大選手です。

片岡治大選手はけがの影響などもあり、過去3年間は毎年100試合以下の出場にとどまっていますが、けがさえ癒えれば十分に活躍が期待できる選手。

実際に2008年にはパリーグシーズン最多安打を記録し、2007年から2010年まで4年連続盗塁王にも輝く俊足巧打の選手、守備率も通算で9割8分9厘と堅実です。

実績だけを見たら寺内崇幸選手を上回り、けがさえ癒えていればセカンドレギュラーの最有力候補です。

原監督もレギュラーは未確定と語っていますが、別の場所では片岡治大選手のセカンドレギュラーをほのめかしています。

一方のショート、こちらは現時点では坂本勇人選手がレギュラーでしょうか。

坂本勇人選手は巨人の生え抜きで、しかもしっかりと実績を残しています。

けがをして手術を経て、さらに38歳の井端弘和選手に勝ち目はないように思えます。

しかし、どうでしょうか。

案外と井端弘和選手がショートのレギュラーを奪い取る可能性もあるように思えます。

まず、第一は井端弘和選手のモチベーションが高いこと。

中日を放出されたことでかえって井端弘和選手のモチベーションは相当に上がっています。

また、手術の結果も良好で、シーズンに十分間に合うと考えられています。

さらに、井端弘和選手自身はショートのレギュラーを虎視眈々と狙っているといわれています。

一方の、坂本勇人選手。

確かに素晴らしい素質を持つ選手であることに間違いはありませんが、この数年は坂本勇人選手を脅かすような選手がいなかったことから打撃でも守備でも若干の緩みを感じています。

また、坂本勇人選手は自由に打たせるとそれなりの成績を残しますが、小技はそれほどうまくはありません。

対して、井端弘和選手の打撃、打率や本塁打数は坂本勇人選手には劣るかもしれませんが、独特の右打ちやバントなどの巧さは、坂本勇人選手を上回ります。

そして、守備についても、井端弘和選手の方が技術的にははるかに上のような気もします。

守備だけを考えると、セカンドのレギュラーは片岡治大選手、ショートのレギュラーは井端弘和選手。

2人の二遊間はとても楽しみで、もしかしたら「カタイバコンビ」が誕生するかもしれないですね。

また、打撃では1番に俊足巧打の片岡治大選手、2番に何でもできる井端弘和選手、これもとても楽しみです。

その昔、巨人のV9時代、1番 センター柴田、2番 セカンド土井という時代がありましたが、1番 セカンド片岡、2番ショート井端はなんとなく、それを彷彿させてくれます。

寺内崇幸選手や坂本勇人選手がダメというわけでは決してありませんが、カタイバコンビは何か大きな可能性を感じさせてくれます。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク