大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

2014年巨人の4番は実力至上主義 阿部慎之助それとも村田修一か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年、プロ野球のキャンプが始まり、いよいよ球春が到来しました。

すべての球団が球春を迎えて活気を呈していますが、そのなかでも巨人が相変わらず注目を浴びています。

巨人の原監督はキャンプインを前に、巨人の4番について持論を語っています。

それは、巨人の4番は白紙で、実力至上主義であること。

そして、その実力はキャンプやオープン戦、もしかしたらシーズンに入っても見極めを続けていくということです。

昨年までは、慎之助のチームということで、阿部慎之助選手中心で打順を決めていましたが、特に昨シーズンの後半から村田修一選手も安定した力を発揮し、4番の座に座ることも多くなりました。

原監督は、巨人の4番をめぐる争いがより厳しくなっていること、そしてそれは実力至上主義であることを語っています。

また、巨人の場合は戦力が充実をしています。

プロ野球の場合、各チームごとに資金力の差があります。

そもそも4番を任せられるほどの打者がいないチームもありますし、また4番を育ててもFAで流出してしまうチームもあります。

プロ野球で4番は花形の打順ですが、なかには4番打者というよりも、4番目の打者というチームもあるようです。

それに対して巨人は資金が潤沢で、他のチームに行けば4番打者として十分に通用する選手も複数います。

では、2014年の巨人の4番打者はだれになるでしょうか。

これはもちろん決まっていません。

原監督が巨人の4番は実力至上主義と語っている以上、キャンプ、オープン戦、そしてペナントレースの中で徐々に固めていくべきものです。

ただ、候補なら考えることができます。

まず、昨年の成績から考えたらも巨人の4番候補は4人います。

それは、阿部慎之助選手、村田修一選手、ロペス選手、高橋由伸選手です。

4番打者の名前が簡単に4人も出てくる巨人軍、やはりすごいの一言に尽きます。

では、巨人の4番候補で一番可能性の高いのは誰でしょうか。

2014年、巨人の4番打者として一番可能性を感じるのは、村田修一選手です。

村田修一選手は33歳、年齢的には脂の乗り切った時期にあります。

巨人へはFAで移籍、2012年から巨人の一員として活躍しています。

もっとも2012年の成績は、打率2割5分2厘、打点58、本塁打12物足りないもので、少なくともこの時点では評価を大きく下げていました。

しかし、2013年は復活。

打率3割1分6厘、打点87、本塁打25でシーズンを終了、特に8月は月間安打46、月間得点32とセリーグ記録を樹立しています。

また、2013年の村田修一選手の特徴は好不調の波が激しくなかったこと。

長距離砲特有の波を村田修一選手も持っていましたが、この波の幅が小さくなり、より信頼感が増してきたようです。

打撃に開眼したのかどうかまではわかりませんが、特に昨年後半の状況を考えると、2014年巨人の4番は村田修一選手が一番候補のような気がします。

2番目の候補として考えられるのが阿部慎之助選手。

ここ数年の実績だけを見たら、阿部慎之助選手が最有力候補ですし、打撃力が落ちているわけでもありません。

ただ、年齢も2014年シーズンで35歳、守備は捕手、そうしたことを考えるとさらに4番打者としての責任を負わせるのは酷なような気がします。

むしろ村田修一選手がけがをしたり、あるいは極度の不振に陥った時に4番を任せる、その程度に考えておいた方が、阿部慎之助選手にとっても巨人にとっても良いような気がします。

この2人が2014年、巨人4番の大本命です。

原監督は実力至上主義と語っていますが、実力的に見ても巨人の4番はこの2人が座るのが適任のように思われます。

それ以外の4番ということであれば、前述のロペス選手あるいは高橋由伸選手あたりが候補になりそうですが、この2人が4番に座るということは巨人に緊急事態が発生している可能性が考えられます。

決してこの2人が悪いということではありませんが、4番の日替わりは避けたいところ。

やはり、阿部慎之助選手、村田修一選手に期待をしたいところです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク