大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

楽天 田中将大 メジャー移籍容認の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天の田中将大投手のメジャー移籍が確実視されています。

旧ポスティングシステムから新ポスティングシステムへの移行。

その条件が楽天にはあまりにも不利であったため、一時は楽天の三木谷オーナーをはじめ、多くの幹部も田中将大投手のメジャー移籍に否定的になっていました。

しかし、12月25日に結論が出され、楽天が田中将大投手に新ポスティングシステムによる移籍を容認することを告げました。

田中将大投手にとっては本当にビッグなクリスマスプレゼントです。

楽天が新ポスティングシステムを容認したことで、田中将大投手のメジャー移籍が確実になってきました。

では、どうして楽天は田中将大投手のメジャー移籍容認に転じたのでしょうか。

その理由を探ってみました。

まず、旧ポスティングシステムと新ポスティングシステムの決定的な違いですが、それは移籍金の上限にあります。

旧ポスティングシステムに移籍金の上限はありません。

そのため田中将大投手のメジャー移籍に伴う移籍金は100億円とも噂されていました。

それが、新ポスティングシステムでは上限が定められ、その額は20億円。

この移籍金は楽天に入るものなので、楽天にとってみれば収入が100億円から20億円に激減することになります。

もちろん、100億円が入るのは1回だけなので、あとで80億円の損失が取り戻せるわけでもありません。

田中将大投手の価値を考えたら20億円ではあまりにも低い。

これは楽天だけでなく多くの人の感じるところです。

そのため、楽天は田中将大投手のポスティングシステムによる移籍を認めない、少なくとも来年以降に延期させるという雰囲気が多数を占めていたようです。

しかし、そうした悪条件にもかかわらず、楽天は田中将大投手のメジャー移籍を認めました。

とうしてでしょうか。

その理由はいくつかあるようです。

理由1

田中将大投手がメジャー移籍を強く望んだこと。

田中将大投手はプロ入り後から将来のメジャー移籍を公言してきました。

そのため、今シーズンは楽天に恩返しして、2014年以降はメジャーで活躍するという青写真を描いていました。

2013年シーズンは24勝0敗という成績を残すことができましたが、この成績は田中将大投手の高い能力と高いモチベーションがあればこそ。

来年も楽天に残留したら、能力はともかく、モチベーションはまったく期待ができません。

また、田中将大投手の今季年俸は4億円で、楽天に残留すればさらに大幅な年俸アップが必要になります。

年俸が高騰しても、成績は下がる可能性が高い。

それを考えると、メジャー移籍容認も当然のことと思われます。

理由2

楽天の企業イメージ。

田中将大投手がメジャーに行きたいことはだれでも知っています。

楽天もそれを容認する方向でいました。

しかし制度が変わったから移籍を認めない。

確かにそれは企業にとって当然のことかもしれませんが、その経営判断と企業イメージは別物。

ここで、楽天が田中将大投手のメジャー移籍を認めないと、楽天の企業イメージが下がってしまう可能性があります。

一方、田中将大投手のメジャー移籍を認めることで、若者の夢をかなえる球団ということで、楽天の企業イメージを高められる可能性もあります。

100億円の見込みが20億円に下がった。

楽天にとっては大きな損失かもしれませんが、逆に楽天のような企業は企業イメージもかなり大切です。

楽天の企業イメージをアップさせるためには、ここで田中将大投手のメジャー移籍を容認するほうが得策であることは間違いありません。

また、田中将大投手自身もメジャー移籍容認に対して、楽天に感謝の気持ちを持ち続けることも間違いありません。

田中将大投手がメジャーに移籍しても、もしかしたら遠い将来は楽天に戻ってきてくれるかもしれないですね。

田中将大投手のメジャー移籍を楽天が容認しました。

このことについては賛否両論があるかもしれませんが、田中将大投手の将来、楽天の将来を考えるとベストな選択のように思えます。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク