大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

ワールドカップの組み合わせと日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年にブラジルで開催されるワールドカップの組み合わせが決まりました。

ワールドカップの組み合わせでは、よく「死の組」という表現が使われますが、果たして日本はどうだったのでしょうか。

ワールドカップでは合計32か国が参加して優勝を争います。

その方式は、予選リーグ、決勝トーナメントという方式で、32チームが4チームずつ8組に分かれ、それぞれの組の中で各チームが総当たり3試合の予選リーグを戦い、各組の上位2チームが準々決勝、準決勝、決勝のトーナメント戦を行います。

組み合わせではA組からH組までの8組に分かれますが、今回、「死の組」と目されているのはD組。

このD組には、ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリアの4か国が入っていますが、この中でコスタリカ以外はワールドカップで優勝経験のあるチーム、もちろん今でも世界の中の強豪です。

さて、日本はどこに入ったかというとC組です。

C組には日本以外にコロンビア、ギリシャ、コートジボアールの3か国が入っています。

この組み合わせが決まってから、マスコミやサポーターの中にはかなり喜んでいる人が多いようです。

また、すでにたくさんの意見が飛び交っています。

その意見の主だったものを挙げると、楽な組に入った、敗退は許されない、トーナメント進出は確実、3連勝も夢ではない、油断は禁物などです。

確かに、C組にはワールドカップの優勝経験にあるチームはいません。

また、コロンビアは強豪であるものの、ギリシャについてはヨーロッパ最弱のチームと酷評、コートジボアールも勝つことは十分に可能とされています。

早くも日本代表に与えられた使命は、最低でも予選突破というのが、一般的なようです。

ただ、サッカーについてそれほどの知識がない私から見たら、その意見はかなり突飛なようにも移ります。

サッカーを詳しく知らなければ、その情報を得るのはデータになります。

つまり、各国の力量を知るのは客観的なデータ、具体的に一番情報として手に入れやすいのは、FIFAランキングになります。

FIFAランキングでC組の状況をみると、コロンビア4位、ギリシャ12位、コートジボアール17位、そして日本は48位です。

解説者の中には10位以下のランキングはあまり参考にならないという人もいるようですが、果たしてどうなんでしょうか。

FIFAランキングは絶対の正確性を持つものではなくても、少なくとも目安にはなるはずです。

そうした前提で見ると、C組の中で日本は断トツの最下位。

予選突破どころか、順当にいけば予選敗退になります。

もちろん日本代表には勝ってほしいし、少なくとも予選は突破してほしいとは思います。

ただ、今、いわれている意見の多くは、むしろ根拠のないから騒ぎのようにも思えます。

ワールドカップを戦うのは一人一人の選手たち、根拠のないことであおられるのはむしろ気の毒なような気がします。

ワールドカップの組み合わせが決まりました。

4年に1度の大会なので、熱狂は当然のことですが、反面、冷静な気持ちで日本代表を応援したいと思っています。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク