大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

亀田大毅の試合 ソリスが失格でタイトルはどうなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月3日に予定されていた亀田大毅VSソリスの試合。

この試合は始まる前から大きな波乱が起きています。

なんとソリスが減量に失敗、最終的には失格という結果になっています。

この試合は、IBF世界スーパーフライ級王者の亀田大毅とWBA世界スーパーフライ級王者のソリスの対戦でした。

つまり、両者にとっては単なる防衛戦ではなく、IBF世界スーパーフライ級とWBA世界スーパーフライ級の2つのタイトルを統一する戦いでもありました。

スーパーフライ級の体重リミットは組織にかかわらず52.1kg。

試合前日である12月2日の軽量で亀田大毅選手は1回で計量をパス。

しかし、ソリス選手は1回目の計量で1.4kgオーバー、1時間後に行われた計量でも1kgオーバー。

再計量は2時間後と指示されていたにもかかわらず、その半分の1時間後に計量に現れたソリス選手は1kgオーバーに切れて、その後の計量を拒否、結果的にソリス選手は失格を宣告され、合わせてWBA世界スーパーフライ級王座のタイトルをはく奪されていました。

ボクシングはあまりお金にならないスポーツといわれていますが、世界王座に就けば話は別。

王座として防衛を重ねれば大金を手にすることもできます。

ましてや、今回は統一戦。

この試合に勝ち2つのタイトルを手にすれば、さらに大きなお金を手に入れることができるはずですが、どうしてソリス選手は体重調整というもっとも基本的な部分の調整に失敗したのでしょうか。

しかもグラム単位ではなく、キロ単位です。

どうしてもそのあたりが理解できません。

では亀田大毅選手の試合、ソリス選手が失格したことでタイトルはどうなるのでしょうか。

試合そのものは予定どおり行われるようです。

しかし、ソリス選手はすでにWBA世界スーパーフライ級王座の地位をはく奪されていますし、何よりも体重がオーバーしている中での戦いなので、仮にソリス選手が勝利してもソリス選手は何も得るものはありません。

では、亀田大毅選手にとってはどうなるのでしょうか。

亀田大毅選手がソリス選手に勝利した場合、亀田大毅選手はIBFとWBAの統一王者に認定、Wタイトルを手中にすることができます。

一方、亀田大毅選手がソリス選手に負けた場合、IBFとWBAとも王座は空位になります。

また、引き分けだった場合はどうなるのでしょうか。

この時は、亀田大毅選手のIBF世界スーパーフライ級王者はそのままで、WBA世界スーパーフライ級王者は空位になります。

亀田大毅選手にとっては、ソリス選手が失格になってもならなくても影響はないということでしょうか。

亀田大毅選手とソリス選手の対戦。

ソリス選手は失格するくらいですからどの程度の調整をしてきたかは疑問の残るところです。

ウエイトについてはソリス選手に若干の有利さはあるものの、ここはすっきりと勝って、亀田大毅選手には2つのタイトルを手にしてもらいたいところです。

まさか、ソリス選手の試合放棄なんていうことはないですよね。

少しばかり興はそがれてしまいましたが、3日のWタイトル戦が楽しみです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク