大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

亀田興毅 韓国での試合で勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WBA世界バンタム級タイトルマッチが11月19日、韓国済州島で行われました。

対戦するのは王者の亀田興毅選手に対して、同級14位の孫正五選手。

結果は、12ラウンドを戦い、亀田興毅選手の勝利。

しかし、内容的には薄氷の勝利でした。

巧打で堅守の亀田興毅選手に対して、強打で突進力のある孫正五選手の対戦。

チャンピオンと14位の選手の対戦なので亀田興毅選手がずっと有利かなと思われましたが、実際には微妙。

また亀田興毅選手にとってはアウエィの戦い。

ボクシングはアウエィだと不利だといわれています。

KO勝ちなら問題はありませんが、判定だとホームで戦う選手が有利。

今までは、ホームを中心に有利な戦いを進めてきた亀田興毅選手ですが、いかに世界ランクが格下とはいえ、ホームで戦うことができる挑戦者なので、その点に関しては試合前から心配されていました。

そして、実際にテレビから聞こえてくる声援はほとんどが韓国語。

そうした意味では、試合前予想されていた通り、その心配通りの試合運びとなりました。

WBA世界バンタム級タイトルマッチ、試合の途中までは互角かあるいは亀田興毅選手が少しだけリードしているかなと思われました。

しかし、形勢は10回に逆転。

10ラウンドに孫正五選手の放ったパンチが亀田興毅選手にヒット。

的確にヒットしたパンチではありませんでしたが、このパンチでよろけた亀田興毅選手はスリップを主張するもダウンを取られてしまいました。

そして11ラウンドと12ラウンド、ダウンを奪った孫正五選手は動きを加速、亀田興毅選手がダウンを奪われたのは10ラウンドの1回だけですが、最後の2ラウンドは明らかに孫正五選手の動きが亀田興毅選手を上回っていたようにも見えました。

試合が終わって採点になりましたが、この採点が異様に時間がかかっていました。

それだけ判定が難しかったのでしょうか。

採点結果は2対1、それぞれの点差についての詳細はわかりませんが、試合の展開も実際の採点もまさに薄氷。

もちろんプロの行った採点なので亀田興毅選手の勝利は妥当なのでしょうが、正直、孫正五選手の勝利のアナウンスがあってもおかしくはないように思われました。

以前から言われてきたことですが、亀田興毅選手は巧い選手ですが強い選手ではないようです。

いつも試合ではパンチを多く繰り出していますが、それでいて相手選手からダウンを奪うことができない。

これだけパンチをもらってどうして相手選手が倒れないのだろうかと思うこともしばしばありますが、やはり亀田興毅選手にはパンチ力が不足しているようです。

今回の試合は僅差の判定。

僅差の判定だと対戦相手の孫正五選手から再戦要求が出される可能性もありますが、今回はどうでしょうか。

もっとも、孫正五選手にはそれだけの価値があります。

そして、試合そのものは白熱した素晴らしいものだったので、この2人の対戦、また見たいような気もします。

亀田興毅選手が韓国での試合で勝利したことは素晴らしいことですが、一方では亀田興毅選手の課題、あるいは限界が見えてしまった試合のように感じてしまったのが、今回のWBA世界バンタム級タイトルマッチでした。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク