大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

吉本実憂(よしもとみゆ)演じる栄姫(えいひめ)は政略結婚で黒田長政の2番目の正室となる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軍師官兵衛では、主役の黒田官兵衛だけでなく、その嫡男である黒田長政の登場も増えてきています。

黒田官兵衛は戦国時代末期の軍師として有名ですが、むしろ江戸時代の黒田家の礎を築いたのは黒田長政。

黒田長政は、父である黒田官兵衛に比べたら知略は及ばず、むしろ武術に優れていたとも言われていますが、それは偉大なる父と比較しての事。

黒田長政も十分すぎるほどの知略を持っていたと伝えられています。

黒田長政については、特に関ヶ原の戦い前後に見るべきものが多いようですが、その知略の一つといってもいいのでしょうか。

それが、軍師官兵衛では吉本実憂(よしもとみゆ)演じる栄姫(えいひめ)との政略結婚です。

黒田長政にはすでに正室がいました。

その相手は、蜂須賀小六の娘である糸姫です。

ちなみに軍師官兵衛では糸姫を高畑充希(たかはたみつき)が演じています。

黒田長政と糸姫の関係は決して悪くはなかったようです。

実際に、2人は10年以上もその関係を続けています。

しかし、2人の間には、女の子こそ授かったものの、後継ぎである男子が誕生しなかったこと、そしてさらには大きな理由があって関ヶ原の戦いの直前になって離縁をします。

その理由とは。。。

まず、糸姫は蜂須賀小六の娘であったことです。

蜂須賀小六は後の豊臣秀吉が織田信長に仕える前からの知己で、豊臣秀吉にとっては数少ない譜代の一人でした。

また、糸姫が黒田長政に嫁ぐときは、名目上、豊臣秀吉の養女となっています。

糸姫の存在は豊臣家を強く意識させるものでした。

しかし、豊臣秀吉がなくなった後、黒田長政は極端な徳川家康寄りとなります。

これは豊臣家にいた石田三成と黒田長政とが犬猿の仲であったためとも思われますが、いずれにしても黒田長政は徳川家康に急接近を図ります。

そうなるとどうしても邪魔になるのが、豊臣家を強く意識させる糸姫の存在。

黒田長政の糸姫に対する愛情がどの程度のものであったかは別として、黒田長政は黒田家の存続を考え糸姫と離縁をします。

黒田長政の策略はこれだけではありません。

糸姫と離縁してすぐに、黒田長政は吉本実憂(よしもとみゆ)演じる栄姫(えいひめ)と政略結婚をし、栄姫を2度目の正室として迎えます。

栄姫は、徳川家康の家臣である保科正直の娘。

しかも、栄姫は徳川家康の姪という存在でした。

栄姫は徳川家康と血のつながりがあるだけでなく、実際に栄姫は徳川家康の養女となり黒田長政の2度目の正室となります。

関ヶ原の戦い後、黒田長政は筑前国約52万石を徳川家康より賜ります。

それは、黒田長政の武功もさることながら、豊臣秀吉が亡くなった後、すぐに黒田長政が旗幟を鮮明にしたことも大きく影響をしているようです。

黒田長政と糸姫が政略結婚なら、黒田長政と栄姫も政略結婚です。

この中で黒田長政と糸姫の離縁については、その後、100年以上にわたり黒田家と蜂須賀家の不和の原因になったと伝えられてはいますが、一方、栄姫は黒田長政との間に3男2女をもうけ、黒田家は江戸時代を生き延びることになります。

栄姫が生まれたのは1585年。

栄姫が黒田長政の正室となったのは1600年6月。

そして、栄姫が亡くなったのは1635年。

軍師官兵衛で、吉本実憂(よしもとみゆ)が栄姫(えいひめ)をどのように演じるのか楽しみです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク