大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

日本対ギリシャ サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会Cグループ第2戦の勝敗予想 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会が始まり、日本が属するCグループでも予選が始まりました。

Cグループの初戦の結果は

日本対コートジボワールは、1対2で日本の敗戦。

ギリシャ対コロンビアは、0対3でギリシャの敗戦。

当然のことながら、初戦が終わった段階で早くも明暗が分かれています。

各グループで出場国が戦うのは3戦。

そして、決勝トーナメントに出場できるのは、各グループの上位2チーム。

試合数が少ないだけに、初戦を落としたチームは、早くも予選敗退のムードさえ漂っています。

また、過去の統計では初戦を落としたチームが決勝トーナメントに進める可能性はわずか8.7%。

日本のおかれた状況は相当に厳しいといわざるを得ません。

ただ、可能性がゼロというわけではないので、第2戦の戦い方がより重要になっています。

その第2戦、日本が戦うのがFIFA世界ランキング11位のギリシャになります。

ギリシャは初戦こそコロンビアに完敗でしたが、ギリシャは客観的に見ればコロンビアより格下、日本よりは格上。

第2戦の日本対ギリシャも相当に厳しいものになると考えられます。

では、日本対ギリシャ、当たらぬも八卦という程度ですが、その勝敗予想をしてみました。

あくまでも期待を込めてという前提ですが、日本対ギリシャの勝敗は2対0で日本の勝利と予想をします。

まず、日本の状態です。

日本がコートジボワールに負けた段階で早くも様々な批判が出ています。

それは、ザッケローニ監督の采配であったり、香川選手や本田選手に対するものであったりといろいろとあるようですが、そうした反省を克服することができれば、現在の日本の攻撃陣の状態は決して悪くはないと思われます。

特に崖っぷちに追い込まれている日本の状況を考えたら、日本代表の勝利に対する執念は相当に盛り上がるものと思われます。

一方のギリシャですが、ギリシャは堅守で知られていました。

その堅守はCグループでは最強と目されるコロンビアさえ突き崩すのは難しいといわれていましたが、コロンビアはギリシャの守備を簡単に突き崩し3得点を挙げています。

守備は個の能力よりも、組織力が重視されると思われますが、守備が綻びを見せたということは、ギリシャの守備の戦術に誤りのある可能性もあり、これを短時間再構築するのは、かなり難しい作業になるものと思われます。

さらにギリシャにはモチベーションの問題もありそうです。

ギリシャは国の財政危機で破たん寸前に追い込まれましたが、それはサッカーにも大きな影響を及ぼしています。

今回、ギリシャの練習会場は無料で使える場所でグランドの状態には難があると伝えられています。

また、宿泊するホテルも貸切ではなく、一般客も宿泊をしているようです。

この状況は他国に比べれば、条件的に厳しく、勢いモチベーションの低下にもつながっているようです。

堅守で知られたギリシャ、今大会ではその堅守に疑問符がつけられ、またギリシャの選手のおかれた環境も他国よりは劣っている。

ランキングでは日本よりもギリシャの方がずっと格上。

もちろん簡単に克服できる相手ではありませんが、かといって初めから負けるとわかっている相手でもなさそうです。

そうしたギリシャの状況を考え、サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会Cグループ第2戦、日本対ギリシャの勝敗予想は2対0で日本の勝利と予想しておきたいと思います。

ただ、心配なのは他国の状況。

まだ初戦が終わっただけなので何とも言えませんが、日本対ギリシャで日本に必要とされているのは勝利。

負けはもちろん、引き分けも許されない状況といわれています。

さらに僅差での勝利ではなく、大量得点での勝利。

2対0という勝敗予想では、日本が予選を突破するのは難しいのかもしれません。

ただ、今は予選リーグ突破よりも目の前の敵ギリシャに勝利をしてほしいところです。

なお、日本対ギリシャはの試合は、日本テレビ系列で6月20日金曜日午前5時50分から放送されます。

平日なので見られるかどうかは微妙ですが、楽しみにしています。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク