大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

松坂桃李が演じる黒田長政は初代福岡藩主となる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軍師官兵衛では後藤又兵衛とともに幼少期から出演しているのが松寿丸、後の黒田長政です。

松寿丸が元服して黒田長政を名乗ることになりますが、幼少期の松寿丸を秋元黎(あきもとれい)、少年期を若山耀人(わかやまきらと)、そして元服してからの黒田長政を松坂桃李(まつざかとおり)を演じることになります。

この黒田長政は後に初代福岡藩主になり、黒田家は江戸時代を生き抜き明治を迎えることになります。

それだけに黒田長政は黒田家の祖として崇拝されているようですが、一方、父である黒田長政とはさまざまな葛藤があったことも知られています。

松寿丸は1568年に黒田家の嫡男として生まれます。

しかし、1577年には織田家の人質として黒田官兵衛の手元を離れ、羽柴秀吉に預けられます。

松寿丸は実子のいなかった羽柴秀吉とおねにかわいがられていたと伝えられていますが、その時間は長くは続きませんでした。

1578年に荒木村重が織田信長に謀叛を起こした時、黒田官兵衛は荒木村重を翻意させるために、荒木村重の居城である有岡城を訪ねますが、荒木村重は黒田官兵衛を幽閉。

黒田官兵衛が荒木村重のところから戻ってこないことで、織田信長は黒田官兵衛も謀叛に加担したと思い込み、人質として預かっていた松寿丸を殺害することを羽柴秀吉に命じます。

おそらくこのときが黒田長政の人生において最大の危機だったと思われますが、羽柴秀吉の家臣である竹中半兵衛の機転により命を助けられます。

1582年の本能寺の変後は黒田官兵衛とともに羽柴秀吉に仕えるようになり、その後の賤ヶ岳の戦い、九州征伐、朝鮮出兵などで武功を挙げています。

また、この間、1587年には豊前国で12万5千石を領有するようになり、さらには黒田官兵衛の隠居に伴い1589年には黒田家を家督相続しています。

羽柴秀吉の死後は、加藤清正や福島正則と同様、石田三成と反目するようになり、1600年の関ヶ原の戦いにおいては東軍につき武功を挙げ、戦後は福岡藩52万3千石を与えられ初代福岡藩主となります。

亡くなったのは1623年のことになりますが、軍師官兵衛の主人公は黒田官兵衛。

黒田官兵衛が亡くなったのは1604年なので、黒田長政が軍師官兵衛で描かれるのは、どうやらそこまでになりそうです。

では、黒田官兵衛と黒田長政の関係はどうだったのでしょうか。

どうやらこの親子は不和ではなかったものの、黒田官兵衛の黒田長政に対する評価は必ずしも高くはなく、黒田長政もそれを知り相当の葛藤があったようです。

黒田官兵衛は戦国の世には珍しく武功を挙げるよりも知略でのし上がってきた人。

一方、子の黒田長政は知略よりも武功で優れていた人。

特に黒田官兵衛は有岡城の幽閉で足が不自由になり武士として武功を挙げることが難しくなり、一層のこと知略が研ぎ澄まされていきます。

その時期に青年期にあった黒田長政を見て、相当に歯がゆい思いをしたことは想像に難くはありません。

黒田官兵衛から見て黒田長政はかわいい嫡男であったことは間違いないところでしょうが、黒田長政の物差しで黒田長政を測ることができなかったことも事実だと思われます。

では、黒田官兵衛と黒田長政、どちらが真の成功者だったのでしょうか。

結果だけを見れば、それは黒田長政です。

黒田官兵衛は才気あふれる人物でした。

そのため、羽柴秀吉からは重用され、徳川家康にも一目置かれる存在にはなりましたが、一方では警戒される存在でもありました。

そのため、そのことを知った黒田官兵衛は羽柴秀吉のもとを離れ、徳川家康とも距離を置かざるを得なくなりました。

一方の黒田長政は知略はそれほどでなくても、武将としては優れていましたし、たとえば天下をとった徳川家康から見てもわかりやすい存在でした。

そのため、徳川家からみて外様だった加藤清正の加藤家や、福島正則の福島家は将来取り潰しにあってしまいますが、黒田家は黒田長政の死後にいわゆる黒田騒動があったにも関わらず、黒田家は明治まで大名として生き残っています。

このことは、徳川家康が殊の他、黒田長政をかわいがっていた証拠だとも言われているようです。

大河ドラマ「軍師官兵衛」では黒田長政を松坂桃李が演じます。

松坂桃李は父との関係で悩む一方、天下人である豊臣秀吉や徳川家康にはかわいがられる人物を演じることになりそうです。

そのあたりを松坂桃李がどのように演じていくのか。

軍師官兵衛の後半では、松坂桃李の出番も多くなりそうですが、松坂桃李がどのように黒田長政を演じていくのか楽しみです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク