大河ドラマやプロ野球などのスポーツについてあれこれと書いています。

セ・パ交流戦2014年の優勝予想はパ・リーグのソフトバンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年から始まったプロ野球のセ・パ交流戦。

早くも今年で10年目。

いよいよ2014年のセ・パ交流戦が5月20日から約1か月間、6月22日まで開催されます。

では、2014年のセ・パ交流戦優勝チームはどこになるのでしょうか。

「当たらぬも八卦」というレベルですが、2014年のセ・パ交流戦優勝チームを予想してみました。

そのチームとは、パ・リーグのソフトバンクです。

では、まずはこれまでのセ・パ交流戦の優勝チームを振り返ってみたいと思います。

第1回 2005年 千葉ロッテマリーンズ

第2回 2006年 千葉ロッテマリーンズ

第3回 2007年 北海道日本ハムファイターズ

第4回 2008年 福岡ソフトバンクホークス

第5回 2009年 福岡ソフトバンクホークス

第6回 2010年 オリックス・バファローズ

第7回 2011年 福岡ソフトバンクホークス

第8回 2012年 読売ジャイアンツ

第9回 2013年 福岡ソフトバンクホークス

これまでセ・パ交流戦9回行われていますが、そのうちなんと8回まではパ・リーグのチームが優勝。

人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグといわれて久しいようですが、やはりセ・パ交流戦もそれを裏付ける結果となっているようです。

仮にセ・リーグが2014年を制するとしたら、現時点のセ・リーグではもっとも勢いのある広島あたりになるのでしょうか。

ただ、過去の実績を考えると、可能性としてはそれほど高くないように思われます。

2014年のセ・パ交流戦、優勝チームがセ・リーグ、パ・リーグのどちらかからでるかと考えると、確率的には圧倒的にパ・リーグのチームからでそうな気配があります。

では、パ・リーグのどのチームがセ・パ交流戦を制するのでしょうか。

そこで、セ・パ交流戦に入る前のパ・リーグの成績を確認してみました。

1位 オリックス  27勝15敗

2位 ソフトバンク 25勝16敗1分け

3位 日本ハム   22勝21敗

4位 ロッテ    19勝23敗1分け

5位 楽天     17勝24敗

6位 西武     15勝26敗

もちろん、これまでの成績とセ・パ交流戦の成績が直結するわけではありませんが、かといって今シーズンのこれまでの勢いを無視することもできません。

そう考えると、2014年のセ・パ交流戦の優勝予想は、ペナントレースで1位のオリックス、それを僅差で追っているソフトバンク、この2チームに絞ることができるようにも思われます。

では、最後にどちらのチームが優勝をするのか、その予想をしてみたいと思います。

まず、これまで予想外の成績をおさめているのがオリックスです。

言い換えれば、現在、もっとも勢いのあるチームはオリックスであるともいえます、

ただ、残念なことにオリックスは必ずしも選手層が厚いとは言えませんし、2014年のシーズンも序盤が終わり、そろそろ選手にも疲れが出てくる頃。

このまま勢いが続いてほしいという思いもありますが、どちらかといえば息切れが心配です。

それに対して、ソフトバンクは現在2位という位置にあるものの、選手層の厚さは群を抜いています。

また、過去9回のセ・パ交流戦ではすでに4回の優勝を果たしており、セ・パ交流戦の戦い方を熟知しているともいえます。

オリックスとソフトバンクの状況を考えるとその差は一目瞭然。

もちろん、勝負事は何が起こるかわからないので、まさに「当たらぬも八卦」の世界ですが、2014年のセ・パ交流戦の優勝チームは福岡ソフトバンクホークスと予想をします。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク